サー アーサー コナン ドイル

21.08.2020
407

ドイルらラングマン医療奉仕団は年3月に 英領ケープ植民地 首都 ケープランド に到着し、 ロバーツ卿 ( 英語版 ) 率いるイギリス軍の進軍路を辿って負傷者・発病者の治療にあたった。ドイルも休む暇もなく献身的に働いた [74] [75] 。.

ドイル傑作集 III 恐怖編) (ドイル傑作集 III 怪奇編). サッカー でも活躍し、40代までプレイし続けた [] 。 ゴルフ や ビリヤード もたしなんだ [] 。.

カテゴリ : アーサー・コナン・ドイル 19世紀スコットランドの小説家 20世紀スコットランドの小説家 イギリスの推理作家 イギリスのSF作家 スコットランドの医師 ゴシック・フィクション作家 イギリス自由統一党の政治家 ヴィクトリア朝の人物 イギリスの反共主義者 ボーア戦争 心霊主義 アイルランド系スコットランド人 エディンバラ出身の人物 エディンバラ大学出身の人物 年生 年没.

政府と軍部は著名な作家であるドイルを徹底的に戦意高揚に利用する腹積もりであり、ドイルに各地の前線視察や従軍記執筆を依頼した。ドイルはそれらの要請を快諾し、各戦線を練り歩いて士気を鼓舞する演説を行った。ドイルはどこの戦線でも将兵から人気があったという [] 。 年 からは戦史『 フランス及びフランダースにおける戦闘 (The British Campaign in France and Flanders)』の執筆を開始し、 年 までに全6巻で完成させた [] 。大戦中のドイルはかつてないほどエネルギッシュに行動し、彼自身も後に「自己の身体的絶頂期」と評している [] 。.

ドイルは 年代 から 心臓発作 を起こすことが増え、医師から休養を勧められていたが、晩年のドイルは心霊主義布教を最優先にしたので医師の勧告を聞き入れず、積極的に心霊主義の講演に走り回り、執筆活動も続けた [] 。 年 には心臓発作が頻発するようになり、 年 春に一時快方に向かったものの、夏になると再び悪化した [] 。. その後年に結核にかかった妻の転地療養の必要もあって短編集「回想」の刊行を最後にいったんはホームズの連載を終了しますが、熱心なファンの働きかけにより10年後の年から再びホームズものの筆を執ることとなり、年までに全部で4つの長編と56の短編を残しています。  もっとも、本人はどちらかというと冒険小説や歴史小説の分野に関心があったらしく、「マイカ・クラーク」や「白衣の騎士団」など、そちらの方面でも熱心に多くの著作を残しました。  また晩年には第一次大戦で息子キングスリーを戦傷が元で亡くした悲しみもあってか、かねてから関心を寄せていた心霊術の研究に没頭しています。  ちなみにホームズについては、エディンバラ大学の医科に在学中にドイルが師事した恩師ジョセフ・ベル教授がホームズのモデルになったと言われています。.

ドイルらラングマン医療奉仕団は年3月に 英領ケープ植民地 首都 ケープランド に到着し、 ロバーツ卿 ( 英語版 ) 率いるイギリス軍の進軍路を辿って負傷者・発病者の治療にあたった。ドイルも休む暇もなく献身的に働いた [74] [75] 。. 延原謙 が「ドイル傑作集」 全8巻 (新潮文庫 年 - 年)として、ジャンル別に編纂したアンソロジーがあった [] が現在は絶版。また、 東京創元社 からホームズ外典を含めた短編集が文庫で出ている。.

翔泳社「ドイル傑作選 I ミステリー篇」 新潮文庫「ドイル傑作集 I ミステリー編」 講談社文庫「 世界鉄道推理傑作選2 」 新青年'21春季増大.

10. : 19 20 SF ?  16'57  '70  '65. [23] [28]. 2 [96] .

有栖川有栖 ありすがわありす. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.
  • 大学卒業後の 年 10月に アフリカ汽船会社 ( 英語版 ) に船医として就職した。10月末に リヴァプール から出航したアフリカ行きのマユンバ号に乗船したが、客が次々と マラリア に罹患してその治療に悪戦苦闘し、彼自身もマラリアを罹患して一時生死の境をさまよった。気候も暑くてたまらなかったという。 年 1月にリヴァプールへ戻った頃にはこれ以上アフリカ行きの船の船医を続ける気にはなれなくなっており、退職した [32] 。.
  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

アーサー・コナン・ドイル

大学への通学路に古本屋街があったため、古本もよく読むようになった [23] 。 タキトゥス や ホメーロス などの古典、 クラレンドン伯爵 の『イングランド反乱史』、 スウィフト の『 桶物語 』、 アラン=ルネ・ルサージュ の『 ジル・ブラース物語 ( フランス語版 ) 』、 サー・ウィリアム・テンプル准男爵 の エッセイ 、 オリバー・ウェンデル・ホームズ のエッセイ、 トマス・マコーリー のエッセイ、 エドガー・アラン・ポー の小説などに強い影響を受けたという [28] 。. スレイターは釈放されたものの、いまだ無罪と認められたわけではなかった。ドイルは間髪いれずスレイターの名誉回復及び不当な刑罰に対する刑事補償の請求を行った。今回は再審が認められたが、スレイターには金がなかったので、裁判費用は支援者たちの募金及びドイルのポンドの資金援助で賄われた。裁判の結果、スレイターは公式に無罪と判決されたものの、刑事補償はわずかポンドしか払われず、18年にも及ぶ不当投獄に対するものとしては少なすぎた。しかも裁判費用を全額負担せねばならなかった(ドイルとしては刑事補償1万ポンド、裁判費用は全額国持ちが妥当と考えていた) [] [] 。.

そのため年10月の 解散総選挙 ( 英語版 ) を前にして、与党である 保守党 ・ 自由統一党 も、野党である 自由党 も著名な作家であるドイルを自党の候補に擁立しようと誘いをかけた。ドイルは、自由統一党からの出馬を決めた。同党は ジョゼフ・チェンバレン や デヴォンシャー公爵 らアイルランド自治に反対する自由党議員が自由党から離党して作った政党であり、この頃には保守党と連立して与党を形成し、戦争支持を表明していた [78] 。. またドイルの幼馴染の友人には 東京帝国大学 教授 ウィリアム・K・バートン がいた。工業化が急速に進展していた明治の日本は、近代的水道網の設備を急いでおり、バートンはそのための人材として 年 に 日本政府 から招かれていた。ドイルはバートンと写真を通じて仲がよく、バートンが日本にいる間、イギリスにある彼の預金通帳はドイルが預かっていた。そのような関係だったから二人は文通も多く、ドイルの日本に関する知識もこのバートンから仕入れられた可能性がある [] 。.

オーストリアから帰国した頃、母メアリーは少しでも生活費を楽にするため、ある医師を間借り人として置いていた。この間借り人の影響を受けて医師を志すようになったドイルは、 年 に エジンバラ大学 医学部に進学した [21] 。. 世界一有名な 名探偵 シャーロック・ホームズ の生みの親で、 ミステリー というジャンルの礎を築いた一人。 本業は医師だったが、それが儲かっていたらホームズは生まれなかった。. 小説家 イギリス ミステリー SF シャーロック・ホームズ ジョン・ワトソン モリアーティ教授 シャーロキアン.

  • 南アフリカに 帝国主義 的野心を抱いていた ソールズベリー侯爵 内閣植民地大臣 ジョゼフ・チェンバレン は、南アフリカの ボーア人 国家 トランスバール共和国 を追い詰め、年10月に同国がイギリスに宣戦布告してくるよう持ち込んだ( 第二次ボーア戦争 )。しかしボーア人はホームランドという地の利を生かして戦い、侵攻してきたイギリス軍に大きな損害を与えていた。戦死者の増大を前にイギリス本国ではインド人など植民地人を代わりに戦わせ、イギリス人の人的損害を減らすべきことが盛んに主張されるようになった。.
  • 地元警察から疑われたのは、 インド系 の弁護士ジョージ・エダルジだった。エダルジはこれまでも散々人種差別に晒され、地元警察や住民から忌み嫌われてきた人だった。上記の事件が発生するとエダルジを犯人と告発する怪文書が地元警察や住民に出回った。警察はこの怪文書もエダルジの自作自演と判断し、エダルジの自宅を家宅捜索した。そして血痕らしき小さなシミと馬の毛が付いたスーツが発見されたとして、エダルジを家畜殺害の容疑者として逮捕した。怪文書の筆跡もエダルジの筆跡であると鑑定された。裁判にかけられたエダルジは有罪判決を受け、 石切場 での7年の重労働刑に処された [98] [99] 。. 世界一有名な 名探偵 シャーロック・ホームズ の生みの親で、 ミステリー というジャンルの礎を築いた一人。 本業は医師だったが、それが儲かっていたらホームズは生まれなかった。.

[]. [] []. '07112  '32 '38 '78. 17 2 [64]. [79] .

ドイル自身は「自分にホームズのような推理力はない」と述べていたが、彼は以下の2つの事件において、冤罪を晴らすことに貢献した [96] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 失われた世界 (失われた世界 ロスト・ワールド) (悪魔の棲む台地) (ロスト・ワールド). ドイルには「桁外れに悲劇的な出来事には桁外れの英雄が必要」という信念があったため、英雄譚に誇張あるいは捏造があったとしても問題視しなかった。「この事件をイギリスの栄光を強調するのに利用したとの批判があるが、勇気と規律が最高の形で示されたと見てこれを名誉としなければ、我らは本当に敗戦国民になってしまう」「天才であるはずの人間が、その才能を使って自国民について誤ったことを伝え、公然と批判するのを見るのは何ともやりきれない。それは悲しみに沈む人々を更に悲しませるだけの行為である」とドイルは語っている [] 。.

K [] ! 6 1 1357 [58] [59] [60] 6 1 [61] 612 [62]. 722 [] []. 8 3 88 [91]. [29] .

ニューヨークにいるスレイターは当局から 犯罪人引き渡し の脅迫を受けたため、自発的にイギリスに帰国し、逮捕されて裁判にかけられたが、警察による証拠の捏造と隠蔽、弁護士や裁判官の杜撰さによって死刑判決を受けてしまった。当時のスコットランドには刑事事件の上訴制度がなかったので、スレイターにできることはもはや国王エドワード7世に慈悲を乞うことだけだった。世論はスレイターに同情し、2万人もの減刑嘆願署名があり、恐らくその影響で死刑執行2日前に終身重労働刑に減刑された [] [] 。.

これに対してドイルは『 タイムズ 』紙で「植民地人の兵士を戦地に送るべきという意見が各方面で強まっているようだが、イギリス人が一人も戦地に行かないで植民地の人間に穴埋めさせるのは名誉にかかわるのではないか」と主張するとともに、自身もイギリス軍に従軍する決意を固めた [70] 。従軍に反対する母への手紙の中でドイルは「私は貴女から愛国心を学びました。ですから私を責めないでください。兵士としてどの程度役にたてるかは分からないですが、自分は模範を示す人間として国に奉仕できると思います。思うに私はイギリスで誰よりも若者たち、特にスポーツを愛する若者に強い影響を与えることができると思います。だから若者の手本になることが重要なのです」と説得している [71] 。.

しかしドイルは盲目的に愛国旗振り役だけに徹したわけではなく、 年 には大戦に乗じて反乱を起こしたアイルランド独立運動家 サー・ロジャー・ケースメント の死刑執行延期の嘆願書に署名している(しかし、功を奏せず、ケースメントは反逆罪で直ちに処刑された) [] 。. 国内外でイギリス軍の残虐行為への批判が高まった。しかし大英帝国の拡大が世界に道徳と秩序をもたらすと信じるドイルは、こうした批判には徹底的に反論した。ドイルは 年 3月にもイギリス軍擁護の小冊子『 南アフリカ戦争 原因と行い 』を著した。この中で彼はイギリス軍の焦土作戦について「イギリス軍が民間人の家を焼くのはそこがゲリラの拠点となった場合のみ」「責任は最初にゲリラ戦法を行った側(ボーア人)にある」と擁護した。強制収容所については「焼け出された婦女子を保護するのは文明国イギリスの義務である。収容所内では食糧もしっかり出されている。にも拘らず収容者の死亡率が高いのは病気のせいだが、イギリス軍内でも病死者が続出しており、差別的な取り扱いではない」と擁護した。またイギリス軍人によるボーア人婦女子強姦については「いかなる戦争でも女性は既婚・未婚問わず憎悪に晒される。避けられないことだ」と批判を一蹴する [84] 。.

ドイル作品の版権は次男の死後、三男に引き継がれたが、その一部は、次男の未亡人による裁判によって未亡人のものになったが、彼女の経済的破綻により ロイヤルバンク・オブ・スコットランド のものとなり、その後 個人に売却された [] 。 年 にドイルの版権は英国の パブリック・ドメイン になったが、アメリカ合衆国では著作権法により年まで保護されることになり、次女のジーンに引き継がれた。ジーンの死亡後は、その遺言により 英国王立盲人協会 RNIB に譲渡されたが、のちにドイル家の傍系の相続人に売却された [] 。.

III  III . [] RNIB []. [78]. I I  '21. []. [] [] [] [] .

政府と軍部は著名な作家であるドイルを徹底的に戦意高揚に利用する腹積もりであり、ドイルに各地の前線視察や従軍記執筆を依頼した。ドイルはそれらの要請を快諾し、各戦線を練り歩いて士気を鼓舞する演説を行った。ドイルはどこの戦線でも将兵から人気があったという [] 。 年 からは戦史『 フランス及びフランダースにおける戦闘 (The British Campaign in France and Flanders)』の執筆を開始し、 年 までに全6巻で完成させた [] 。大戦中のドイルはかつてないほどエネルギッシュに行動し、彼自身も後に「自己の身体的絶頂期」と評している [] 。. ニューヨークにいるスレイターは当局から 犯罪人引き渡し の脅迫を受けたため、自発的にイギリスに帰国し、逮捕されて裁判にかけられたが、警察による証拠の捏造と隠蔽、弁護士や裁判官の杜撰さによって死刑判決を受けてしまった。当時のスコットランドには刑事事件の上訴制度がなかったので、スレイターにできることはもはや国王エドワード7世に慈悲を乞うことだけだった。世論はスレイターに同情し、2万人もの減刑嘆願署名があり、恐らくその影響で死刑執行2日前に終身重労働刑に減刑された [] [] 。.

カテゴリ : アーサー・コナン・ドイル 19世紀スコットランドの小説家 20世紀スコットランドの小説家 イギリスの推理作家 イギリスのSF作家 スコットランドの医師 ゴシック・フィクション作家 イギリス自由統一党の政治家 ヴィクトリア朝の人物 イギリスの反共主義者 ボーア戦争 心霊主義 アイルランド系スコットランド人 エディンバラ出身の人物 エディンバラ大学出身の人物 年生 年没.

4010217065 4354 [] .

  • ケツ が でかい 男
  • アマテラススサノオツクヨミ
  • 無人 島 研修 企業