一式 陸 攻

発行者: 03.03.2020

水平尾翼は、本庄式大面積小舵面尾翼をさらに推進し、面積は主翼面積の一五・五パーセントにあたる一二・〇八平方メートル、昇降舵面積は水平尾翼のわずか四分の一しかなく、方向舵の垂直尾翼にたいする面積比も、これとほとんど同じである。  つまり、舵面の弦長が翼面の弦長の二五パーセントというわけで、当時としてはかなり思いきった値といえる。  たとえば、本機の垂直尾翼を外国機 (たとえば B17「空の要塞」 ) のと比較してみると、その舵面の小さなことは不思議なほどである。  本機が量産に入る直前の昭和十六年一月に来日したハインケル社の技師が本機を見たとき「日本海軍は舵面の効きのことを非常にうるさく言うそうだが、この方向舵は何故こんなに小さいのだ?」と首をひねったという。. 三菱製 号機、尾翼番号 U2-??? 連合国側コードネームは「Betty」であった。太平洋戦争でのアメリカ軍は、日本軍の航空機に対してコードネームを付けて、種類を区別していた。戦闘機などは男性名、爆撃機や輸送機などは女性名を付けているが、実在の人物との関連はないというのが公式の発表である。 しかし、一式陸攻の「Betty(ベティー)」と言う名は、命名に携わっていた情報部のとある軍曹のガールフレンドの名前である。彼女は ペンシルベニア州 で 看護師 をしていた。機体の左右にある大きなエンジンが、軍曹に彼女の身体的特徴を思い起こさせて、名付けられた [2] 。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. ウィキメディア・コモンズには、 一式陸上攻撃機 に関連するメディアがあります。. 機首から機尾までほぼ同じ太さのずんぐりした外見と機尾の対空砲座から、 葉巻 型 (英語ではフライングシガー。因みに九六式陸攻は 魚雷・トーピード型 )と呼ばれ、日本国民に親しまれた。. 一式陸攻の撃墜された瞬間は米戦闘機側の ガンカメラ によっていくつか記録されているが、その映像内でも炎上する機体は少ない。最近では上記の「ワンショットライター」が示すような、脆弱なイメージ一辺倒で語られがちだった一式陸攻の防御力を見直すような事実も発掘されている。 年 11月20日 、 タラワの戦い ( 第一次ギルバート諸島沖航空戦 )に参加した米 駆逐艦 「 キッド 」は空母「 インディペンデンス 」に向かう一式陸攻7機編隊を発見。mで5インチ砲と 40mm機関砲 を用いて攻撃し、30秒後に2機を撃墜 [6] 。同時に F6Fヘルキャット 4機が一式陸攻編隊を迎撃したがなかなか撃墜できず、「インディペンデンス」は被雷して大破した。残る一式陸攻4機は撃墜されたが、最後の一式陸攻はF6Fの攻撃でも墜落せず、とうとうF6Fは諦めて一式陸攻の逃走を許した。アラン・ロビー艦長は戦闘報告書の中で一式陸攻の頑丈さを評価している [7] 。.

P1Y Ju 88 天河. 他のプロジェクト コモンズ.

13316 111? 725247296 [12] [13] 811 [14] [10]. J1N - J2M - J3K - J4M - J5N - J6K - J7W - J8M - N1K-J - A7M3-J. P1Y Ju 88一式 陸 攻.

N1K A6M2-N.
  • 主翼・座席等 日本 新潟県 山本五十六記念館 [3] 胴体 ソロモン諸島 ブーゲンビル島 アクア近郊.
  • M6A 橘花 - 梅花 - 藤花 - 神龍 - 若桜 - 試作単座奇襲機 - 秋水式火薬ロケット.

名前空間 ページ ノート. P1Y Ju 88 天河. 河口湖自動車博物館・飛行舘 [5]. 日本製航空機の一覧 - 命名規則 - 特攻兵器 - 特殊攻撃機 - 航空艦隊. 空戦全体を見れば7機中6機が撃墜されているのは事実である。しかしながら一式陸攻よりも防弾装備が充実している次世代、他国の機体もまた出撃のたびに高い損耗に悩むのが常であった。戦闘の度に大損害を出しているという現実について、その責任のどこまでが機体に属するのか再検討を加えている文献も出版されている [8] 。. こうした目的に沿って試製されたのが、海軍広工廠の 九五式陸上攻撃機 、三菱内燃機製造株式会社名古屋工場( 年 (昭和10年) 10月1日 三菱内燃機株式会社名古屋航空機製作所と改称)の本庄季郎技師を主務者として設計された 九六式陸上攻撃機 だった。細い胴体に双垂直尾翼を配したスマートな機体である九六式陸攻は当時としては高い性能を発揮したが、いわゆる「渡洋爆撃」で大きな被害を出したことから、九六式陸攻の防備能力を向上させた後継機として 年 ( 昭和 12年)9月に「 十二試陸上攻撃機 」が発注され、再び本庄季郎技師を主務者とした設計陣で開発に取り組んだ。.

  • 用途 : 攻撃機 ( 雷爆撃機 、 水平爆撃機 ) 分類 : 陸上攻撃機 設計者 : 本庄季郎 製造者 : 三菱重工業 運用者 : 大日本帝国 ( 日本海軍 ) 初飛行 : 年 10月23日 生産数 :2,機 運用開始 : 年 6月 退役 : 年 運用状況 :退役 表示. 海軍の性能要求に対し、当初三菱は三発もしくは四発機とすることを海軍に逆提案したものの、拒否されている。これは三菱に要求されたのは双発陸攻で、四発陸攻は翌年に十三試陸攻として発注する予定があるためで、既に九六式陸攻と 九七式飛行艇 という実績を挙げている三菱と川西に双発の十二試陸攻と四発の十三試大艇(後の 二式飛行艇 )の開発を、四発機の経験に乏しいものの、長年に渡って ダグラス DC-2 の ライセンス生産 を行っている 中島 に DC-4E を原型とした十三試大攻の開発を発注して、双発陸攻と四発飛行艇を確実に実用化し、更に欧米からの技術導入により四発爆撃機の実用化を図ろうとするのは、既に渡洋爆撃等で大きな被害を受けていた海軍としては自然な判断である。.
  • ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

C1M - - - C2N - C3N - C4A - C5M - C6N D4Y1-C CXP.      . G4M. 4 [1] .

当時、搭載火器による 弾幕 と高速力で敵迎撃機から身を守ることが可能という「 戦闘機無用論 」が存在していたが、九六式陸攻が 日中戦争 の 渡洋爆撃 においてかなりの損害を出したことから、十二試陸攻の要求性能には防弾装備も挙げられている。しかし当時最新の研究から、「近い将来、欧米の航空機銃は20mm級が主流になると考えられるが、これに対応した防弾装備と搭載力・航続力を併せ持たせることはエンジン出力から見て不可能なことから、防弾は最小限にして軽量化を図り、速力や高高度性能等の向上によって被弾確率を低下させた方が合理的」と考えられたため、要求時点から防弾の優先順位は低く、実機の開発においても他の性能を落とさないため、犠牲にされたという経緯がある。.

J1N - J2M - J3K - J4M - J5N - J6K - J7W - J8M - 二十試 N1K-J - A7M3-J. 大戦終盤は 特攻兵器 「 桜花 」の母機としても使用された。桜花はその形状から機外に装備せざるを得ず、そのために起こる空力の悪化、桜花自身の重量、さらには本機の脆弱性とあいまって、桜花を切り離す以前に敵機に捕捉・撃墜されることのほうが多かったようである [ 要出典 ] 。また終戦時には白色塗装の上、 緑十字 を描いた「 緑十字機 」として、軍使の乗機に使用された。.

G4M. G4M33 P1Y160. - - - - ?

両艦あわせて840名の英軍将兵が艦と運命をともに

参考: 中攻通信. 三菱製 号機、尾翼番号 U2-??? 河口湖自動車博物館・飛行舘 [5].

[ ]. J1N - J2M - J3K - J4M - J5N - J6K - J7W - J8M - N1K-J - A7M3-J.     ドリフェス 蘭  . - - - -. G4M G4M1. 61   117. [6] [7], 一式 陸 攻.

アメリカ カリフォルニア州. 昭和13年に計画要求書の一三式陸攻が、3年後の昭和16年(西暦年=皇記年)に制式化され、 皇記の末尾の1から一式陸攻となった。写真は三菱重工が撮影した一式陸攻11型. しかし、戦力バランスが大きく崩れ、護衛戦闘機はおろか陸攻も十分な出撃数を揃えることが出来なくなった大戦中盤以降は、戦術を夜間爆撃、夜間雷撃に変更せざるを得なくなった。それでも、雷撃により、 レンネル島沖海戦 で 重巡洋艦 シカゴ を撃沈、他重巡2隻、駆逐艦1隻に損傷を与え、他にも トラック島空襲 の際に空母 イントレピッド を大破、 台湾沖航空戦 でも重巡 キャンベラ を大破させるなどの戦果を挙げている。.

J1N - J2M - J3K - J4M - J5N - J6K - J7W - J8M - N1K-J - A7M3-J. [9] .


Facebook
Twitter
コメント
Kanaye 05.03.2020 03:30 答える

こうした目的に沿って試製されたのが、海軍広工廠の 九五式陸上攻撃機 、三菱内燃機製造株式会社名古屋工場( 年 (昭和10年) 10月1日 三菱内燃機株式会社名古屋航空機製作所と改称)の本庄季郎技師を主務者として設計された 九六式陸上攻撃機 だった。細い胴体に双垂直尾翼を配したスマートな機体である九六式陸攻は当時としては高い性能を発揮したが、いわゆる「渡洋爆撃」で大きな被害を出したことから、九六式陸攻の防備能力を向上させた後継機として 年 ( 昭和 12年)9月に「 十二試陸上攻撃機 」が発注され、再び本庄季郎技師を主務者とした設計陣で開発に取り組んだ。. 一三空の提案は、九六陸攻隊の敵戦闘機との交戦によって受ける被害は、主として編隊の両側端機に多かったことに着目し、ここに 武装と防弾を強化した多座戦闘機式 の陸攻を配置することを思いついたものだった。  その改造内容は、次のようなものだった。  (一)十二試陸攻の尾部二〇ミリ機銃のほかに、胴体下面前後に二〇ミリ各一を増設、上方七・七ミリ機銃を二〇ミリに換装、機首の七・七ミリ一挺とあわせて、計二〇ミリ四、七・七ミリーとする。  (二)乗員は一〇名とする。  (三)インテグラル式タンクの前後壁 (桁) に防弾ゴムを接着する。.

Haruo 03.03.2020 23:34 答える

尾翼とインテグラルタンクの一部が展示されている。 [6] [7].

Risako 03.03.2020 21:17 答える

Q1W - Q2M - Q3W.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 blocksplit.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.