ロマサガ 3 少年 ラスボス

発行者: 03.03.2020

サラは主人公で選ぶ限り大丈夫でしょうが、少年は心配です。 まさか途中までは使えるけどラストは使えないなんてキャラがいるとは思えないけど・・・(だって意味ないし)と思いつつも、不安なので外すことにしました。. 最終戦検証 ロマサガ3の最後を締めくくる最終ボス「破壊するもの」は、その多彩かつ凶悪な攻撃手段でプレイヤーを苦しめてきます。 しかし、この戦闘にはもう1つプレイヤーに不利な要因があります。 この戦闘は一部の例外を除いて 「6人の」ベストメンバーでは挑めないようになっています 。 ケース別に見ていきましょう。 ケース1.

ちなみにこの魔王殿では、『嵐龍』というモンスターを相手に散々レベル上げをしました。 宝箱を守っている固定モンスターで、とても強いため、技を閃く相手として活用してたのです。 閃いては退却を繰り返し。. 一番最初に倒した4魔貴族(ボス敵)はフォルネウス。 というのも、一番行きやすいと思われる『魔王殿』のアラケスは、 途中に『王家の指輪』を使う場面があります。 攻略本には、王家の指輪を売ってはヤーマスで買って、を繰り返して金儲けができると書いてあるので、当然ながら実行しました。 しかし一度指輪を使って先に進んでしまうと、もうその裏ワザ?は使えなくなるとのことでした。. つまりサラを選んだ場合、コマンダーモードで戦えということなのです!!(主人公を戦わせない手法) 仲間にサラを連れてた場合、ラストで突然戦線離脱するという無意味キャラになるわけなのです!!!. トーマスとポールは私のお気に入りキャラなので外すわけがありません。 ウォードはなんとなく戦士系かな、と思ったので素早さを心配しましたが、強そうな大剣を使えるキャラを育てたかったのです。 初回プレイで少年の大剣には散々お世話になりましたから。.

最後の四魔貴族(幻影)戦に勝利すると、ケース1のときと同じように少年をかばって自らアビスゲートに飛び込むのですが、 サラは主人公であるためパーティーから外れません。 このときサラの装備品が外れます。アイテム欄か倉庫のどちらかにありますから、すぐに回収できます。 さて、そのまま黄京城に突入します。 ここからの展開はケース1と同じになります (主人公がサラであるため、セリフがかなり不自然になります。)。 パーティーが6人だと1人置き去りにしなくてはなりません。 最終戦はさらに凄いことになります。 サラが向こう側に「も」いて、少年が破壊するものに引き寄せられます。 この時点で、パーティーの人数が5人になります。 その後、装備と陣形を確認して再び決戦の場に向かいます。 各キャラのセリフの後戦闘が始まるのですが、これがさらに特殊な戦闘となります。 まず、 基本的にケース2のサラコマンダーと同様 になります。 パーティーが5人であるため前線には4人しかいないはずですが、なぜか5人目がいます。これはモニカの姿でユリアンという名前が表示される、 通称ユリアンモニカ です。ユリアンモニカは全く戦闘能力がない上に、1撃でも攻撃を受けると死亡してしまいます。 サラコマンダーもコマンダーモードも、死者が出ると陣形変更が不可能になります。 これでは戦いにくくて仕方がありません。.

このあたりでノーラは開発に回します。 開発に回すと、もう二度と戦闘には連れ出せなくなります。 役に立つノーラ(この時点でハーマンよりも役に立つ)との別れは辛かったものの、6人の仲間がいても戦闘には5人しか使えないため、無駄に連れ歩いてもしょうがないので。.

3 1 6 1. HP .

  • 不離脱現象の応用 不離脱現象1 で不離脱現象の条件と性質を示しました。 条件は総人数27人以上、性質は何をやっても仲間が外れない、というものでした。 ここでは、不離脱現象を活用した技を紹介します。 2.
  • 行っちゃった。 やっぱり消えたか・・・。 一応最後に仲間に連れてっていたのですが、それでも消えた。 よかった、パーティーメンバーじゃなくて・・・。. 最後の4魔貴族戦、遅くとも黄京突入までに不離脱現象を起こしておけば、ケース1とケース3の障害が解消されます。 アビスナーガ戦直後での少年の強制加入では、1人残すように要求されますが、不離脱現象によりパーティーが完全固定されていますから、 黄京突入前の6人でアビスに入ることができます 。 最終戦直前での少年の強制離脱も、少年がいないため回避されます。ケース3のユリアンモニカの出現も同様に回避されます 。 以上のように、不離脱現象を利用することで、黄京突入直前の戦力を完全に維持したまま最終戦に挑むことができるようになります。.

破壊するもの攻略のコツ

そしてブラックを正式に仲間にするために、四魔貴族のフォルネウス退治に踏み出します。 フォルネウスとの戦いで生気を奪われ、老人の姿になってしまったブラック。(その状態だとハーマンと名乗っています) 連れ歩く気がないときは6人目の仲間として、戦闘には不参加させますが、今回は正規メンバーなので、ハーマン時代から一応戦闘に参加してもらいました。.

初回プレイで印象に残っているのは、聖王遺物を手に入れるイベントの際、悪者をおっかけているときのイベント。 敵の策略で仲間が一人ひとりバラバラになってしまいます。 スイッチを押さえておかないとダメだから一人残る、などいろんなパターンで仲間が一人ずつ減っていき、落とし穴に落ちた仲間がいました。.

最終戦検証 ロマサガ3の最後を締めくくる最終ボス「破壊するもの」は、その多彩かつ凶悪な攻撃手段でプレイヤーを苦しめてきます。 しかし、この戦闘にはもう1つプレイヤーに不利な要因があります。 この戦闘は一部の例外を除いて 「6人の」ベストメンバーでは挑めないようになっています 。 ケース別に見ていきましょう。 ケース1. サラは主人公で選ぶ限り大丈夫でしょうが、少年は心配です。 まさか途中までは使えるけどラストは使えないなんてキャラがいるとは思えないけど・・・(だって意味ないし)と思いつつも、不安なので外すことにしました。. そんなアラケスのときのデータ。 サラ:632 少年:715 ポール:788 トーマス:733 ぞう:661. 不離脱現象による最終戦対策 6 最後の4魔貴族戦、遅くとも黄京突入までに不離脱現象を起こしておけば、ケース1とケース3の障害が解消されます。 アビスナーガ戦直後での少年の強制加入では、1人残すように要求されますが、不離脱現象によりパーティーが完全固定されていますから、 黄京突入前の6人でアビスに入ることができます 。 最終戦直前での少年の強制離脱も、少年がいないため回避されます。ケース3のユリアンモニカの出現も同様に回避されます 。 以上のように、不離脱現象を利用することで、黄京突入直前の戦力を完全に維持したまま最終戦に挑むことができるようになります。 Special Thanks 主変サラの最終戦の不具合は、おょに行けさんが発見されたものです。 不離脱現象での不具合回避を確認するにとき、Anagramさんに協力していただきました。.

一番バランスのいい伸びはやはりトーマスでしょうか。 サラのHPの上がりの悪さは実に大変です。 ブラックは期待したほどの超戦力・・ではありませんでしたが、普通に使えるタイプでした。よかった。.

1 27. 1 1 61 5 2 545 1. 3 1 6 1.

不離脱現象による最終戦対策 6 最後の4魔貴族戦、遅くとも黄京突入までに不離脱現象を起こしておけば、ケース1とケース3の障害が解消されます。 アビスナーガ戦直後での少年の強制加入では、1人残すように要求されますが、不離脱現象によりパーティーが完全固定されていますから、 黄京突入前の6人でアビスに入ることができます 。 最終戦直前での少年の強制離脱も、少年がいないため回避されます。ケース3のユリアンモニカの出現も同様に回避されます 。 以上のように、不離脱現象を利用することで、黄京突入直前の戦力を完全に維持したまま最終戦に挑むことができるようになります。 Special Thanks 主変サラの最終戦の不具合は、おょに行けさんが発見されたものです。 不離脱現象での不具合回避を確認するにとき、Anagramさんに協力していただきました。.

行っちゃった。 やっぱり消えたか・・・。 一応最後に仲間に連れてっていたのですが、それでも消えた。 よかった、パーティーメンバーじゃなくて・・・。. 主人公変更でサラを主人公とした場合 5) 最後の四魔貴族(幻影)戦に勝利すると、ケース1のときと同じように少年をかばって自らアビスゲートに飛び込むのですが、 サラは主人公であるためパーティーから外れません。 このときサラの装備品が外れます。アイテム欄か倉庫のどちらかにありますから、すぐに回収できます。 さて、そのまま黄京城に突入します。 ここからの展開はケース1と同じになります (主人公がサラであるため、セリフがかなり不自然になります。)。 パーティーが6人だと1人置き去りにしなくてはなりません。 最終戦はさらに凄いことになります。 サラが向こう側に「も」いて、少年が破壊するものに引き寄せられます。 この時点で、パーティーの人数が5人になります。 その後、装備と陣形を確認して再び決戦の場に向かいます。 各キャラのセリフの後戦闘が始まるのですが、これがさらに特殊な戦闘となります。 まず、 基本的にケース2のサラコマンダーと同様 になります。 パーティーが5人であるため前線には4人しかいないはずですが、なぜか5人目がいます。これはモニカの姿でユリアンという名前が表示される、 通称ユリアンモニカ です。ユリアンモニカは全く戦闘能力がない上に、1撃でも攻撃を受けると死亡してしまいます。 サラコマンダーもコマンダーモードも、死者が出ると陣形変更が不可能になります。 これでは戦いにくくて仕方がありません。 4.

56. 413 1 6 3. 21 ! 5 1 1 61 5 2 545 1 4? HP       HP       HP       HP       HP     .

関連動画を視聴するもの

主人公変更でサラを主人公とした場合 5) 最後の四魔貴族(幻影)戦に勝利すると、ケース1のときと同じように少年をかばって自らアビスゲートに飛び込むのですが、 サラは主人公であるためパーティーから外れません。 このときサラの装備品が外れます。アイテム欄か倉庫のどちらかにありますから、すぐに回収できます。 さて、そのまま黄京城に突入します。 ここからの展開はケース1と同じになります (主人公がサラであるため、セリフがかなり不自然になります。)。 パーティーが6人だと1人置き去りにしなくてはなりません。 最終戦はさらに凄いことになります。 サラが向こう側に「も」いて、少年が破壊するものに引き寄せられます。 この時点で、パーティーの人数が5人になります。 その後、装備と陣形を確認して再び決戦の場に向かいます。 各キャラのセリフの後戦闘が始まるのですが、これがさらに特殊な戦闘となります。 まず、 基本的にケース2のサラコマンダーと同様 になります。 パーティーが5人であるため前線には4人しかいないはずですが、なぜか5人目がいます。これはモニカの姿でユリアンという名前が表示される、 通称ユリアンモニカ です。ユリアンモニカは全く戦闘能力がない上に、1撃でも攻撃を受けると死亡してしまいます。 サラコマンダーもコマンダーモードも、死者が出ると陣形変更が不可能になります。 これでは戦いにくくて仕方がありません。 4.

そこでわかったことは、コマンダーモードなら技や術回復のアイテムを使えるということ。 通常モードでは使用できないため不便でした。. そしてそれから時が過ぎ、再びチャレンジしようと思った私は、二回目のプレイを始めました。 主人公はサラ。. 不離脱現象1 で不離脱現象の条件と性質を示しました。 条件は総人数27人以上、性質は何をやっても仲間が外れない、というものでした。 ここでは、不離脱現象を活用した技を紹介します。. 陣形は、せっかくサラが弓使いなので、『ハンターシフト』という弓の命中力をアップさせるらしいやつを使っていましたが、そのうちに素早さがアップするという『ワールウインド』にチェンジ。以後はほとんどコレです。 気のせいかもしれないけど、素早さがアップすると聞いてはそれにせずにはいられません。.

28 21 .

破壊するものの立ち回り

サラが主人公の場合 その一部の例外というのがこれです。 主人公がサラの場合(ゲーム開始時にサラを選んでそのまま進めた場合)は、6人パーティーで最終戦に臨むことができます。 しかし6人とはいっても、この戦闘はサラコマンダーというかなり特殊な形式をとります。 まず、 強制的にサラがコマンダーとなり前線から外れてしまいます 。 陣形技、陣形変更、バックパックが使える のは普通のコマンダーモードと同じです。 一方で 陣形技に参加しないキャラは ファイターモード同様、 個別に操作できます 。 また、コマンダーモードの大きなメリットであった ターン終了後の状態異常やHPの回復がなくなります 。なぜか玄武陣によるHP回復もなくなってしまいます。 サラはコマンダーとなってしまいますから、サラのコマンダーとしての能力(陣形技習得と増幅レベル)を上げておき、サラ以外の前線要因を5人用意するのが得策だと言えます。 ケース3.

ビューネイは「凝視」や「毒」「眠り」などの状態異常がきつかったです。 王家の指輪(毎ターン回復)と「魔女の瞳」(凝視避け)と牙のお守りを装備。(牙のお守りよりもナイトキャップの方がよかったかも、とメモ). こんなの詐欺じゃないか!!! 8人の主人公キャラとか言って、ホントは7人じゃないか~~~!!!.

主人公変更でサラを主人公とした場合 5) 最後の四魔貴族(幻影)戦に勝利すると、ケース1のときと同じように少年をかばって自らアビスゲートに飛び込むのですが、 サラは主人公であるためパーティーから外れません。 このときサラの装備品が外れます。アイテム欄か倉庫のどちらかにありますから、すぐに回収できます。 さて、そのまま黄京城に突入します。 ここからの展開はケース1と同じになります (主人公がサラであるため、セリフがかなり不自然になります。)。 パーティーが6人だと1人置き去りにしなくてはなりません。 最終戦はさらに凄いことになります。 サラが向こう側に「も」いて、少年が破壊するものに引き寄せられます。 この時点で、パーティーの人数が5人になります。 その後、装備と陣形を確認して再び決戦の場に向かいます。 各キャラのセリフの後戦闘が始まるのですが、これがさらに特殊な戦闘となります。 まず、 基本的にケース2のサラコマンダーと同様 になります。 パーティーが5人であるため前線には4人しかいないはずですが、なぜか5人目がいます。これはモニカの姿でユリアンという名前が表示される、 通称ユリアンモニカ です。ユリアンモニカは全く戦闘能力がない上に、1撃でも攻撃を受けると死亡してしまいます。 サラコマンダーもコマンダーモードも、死者が出ると陣形変更が不可能になります。 これでは戦いにくくて仕方がありません。 4.

21. HP       HP       HP       HP       HP     .


Facebook
Twitter
コメント
Akina 08.03.2020 04:29 答える

不離脱現象1 で不離脱現象の条件と性質を示しました。 条件は総人数27人以上、性質は何をやっても仲間が外れない、というものでした。 ここでは、不離脱現象を活用した技を紹介します。.

Chinami 07.03.2020 20:01 答える

ヤミーを倒せば聖杯をもらえます。 ・・まあ、この聖杯ってあまり使い道がないような気もするんですが。 だって1ターンに1技を回復するとか言われても、どんだけ長いターンかけて回復させなきゃいけないんだという感じで・・・。 その間に技を使わないってことがないし。.

Hajime 10.03.2020 09:32 答える

今度は多少メモが増えました。 「混乱」「火炎(全体230ポイントくらい)」「しっぽで3人くらいにダメージ」 相変わらずステータスはメモってませんが、多分ヤミーからそんなに上がってなかったはず。. そしてブラックを正式に仲間にするために、四魔貴族のフォルネウス退治に踏み出します。 フォルネウスとの戦いで生気を奪われ、老人の姿になってしまったブラック。(その状態だとハーマンと名乗っています) 連れ歩く気がないときは6人目の仲間として、戦闘には不参加させますが、今回は正規メンバーなので、ハーマン時代から一応戦闘に参加してもらいました。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 blocksplit.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.