スター ウォーズ スター キラー

発行者: 29.02.2020

標的を追って仕留めながら、マレックは 銀河帝国 の防衛に貢献し、マスターの意思を満たすことに常に喜びを感じていた。やがて、彼は ラム・コータ 将軍 を殺害する任務の中で、帝国軍兵士たちを殺さなければならないことに葛藤を抱いたが、マスターにはその感情を慎重に隠していた。同時に彼は人生の大半において ジェダイ・ナイト との対決を切望していたため、それが実現したことに大きな興奮を味わったのだった。. スターキラーたちは オルデラニアン の 議員 を追ってフェルーシアへ向かった。そして惑星に到着すると、スターキラーはフェルーシアからシャク・ティの影響力が消失しており、以前とはまったく違うものになっていることに気づいた。彼はシャク・ティの弟子、 マリス・ブラッド が ダークサイド に堕ち、この惑星でベイルを囚人として捕らえていることを確信する。彼は危険なフェルーシアのジャングルを旅し、堕落したマリスとオーガナ議員を発見した。そしてスターキラーは彼女のペットである ブル・ランコア を倒すと、一瞬にしてマリスを打ち負かす。彼女は、シャク・ティの死後、この惑星とすべての生物が腐敗したと言い、慈悲を乞うた。スターキラーは救出したベイルの反対を押しのけ、彼女を見逃したのだった。.

ダース・ヴェイダー がケントーに最後の一撃を与えようとしたとき、 ライトセイバー が彼の手から引き離された。そして彼が振り向くと、幼い少年がそのライトセイバーを握っていたのである。ヴェイダーはこの少年に 銀河系 で最強の フォース 使いになる潜在能力を感じた。彼は少年の父親を殺害したが、 クローン・コマンダー がこの少年を撃とうとしたとき、彼の命を助けたのだった。. 特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツは CC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。.

ギャレン・マレックの他のほとんどのクローンと同じように、スターキラーも2本のライトセーバーを使って戦う訓練を受けていた。スターキラーは アタル や ニマン といった ライトセーバー戦闘型 を強く好み、これらの型の二刀流戦闘訓練を利用して技術を向上し、 ジャルカイ の型を修得した。実戦において、スターキラーは高度な事前予測戦闘法を使い、トランス的な状態に陥りながら、本能的に戦った。彼の剣さばきは精密でほぼ予測がつかず、フォースによる 攻撃 を一連の動きの中に取り入れることで強さを増していた。ギャレン・マレックと同様、スターキラーはライトセーバーを シエン 式に逆手で握ることを好んだ。.

ギャレン・マレックは極めて フォース が強く、史上最強のフォース使いとなる可能性を秘めていた。 ダース・ヴェイダー に鍛えられたマレックは、 テレキネシス 、 シス・ライトニング 、 フォース・ジャンプ の熟練した使い手である。また、彼は ライトセイバー 戦でもその才能を発揮し、最初は標準的な赤い光刃のセイバーを使っていたが、それを失った後は ラム・コータ の緑色のセイバーを使用し、後にそれを水色の光刃に改造した。しかし、多くの分野でかなりの能力を発揮していた反面、彼は最終的な贖罪を行うまで、 遠隔視 を非常に苦手としていた。. ダゴバで得た ヴィジョン から、彼はエクリプスが反乱軍の宇宙船< サルヴェーション >にいることを突き止めた。ヴェイダーは、スターキラーが抱くエクリプスへの執着心を逆手に取ろうと考え、悪名高い バウンティ・ハンター の ボバ・フェット を雇って彼女をカミーノへと誘拐した。スターキラーは、エクリプス救出という個人的な目的のため、 同盟軍艦隊 を結集させてカミーノに大規模な 攻撃 を行った。戦闘中、スターキラーは<サルヴェーション>を ティミラ・シティ へ激突させ、ダース・ヴェイダーと対峙した。遺伝子提供者に匹敵する戦闘力を発揮したスターキラーは、強力な フォース・ライトニング の攻撃でヴェイダーを破り、敗北したシス卿は同盟軍兵士によって拘禁された。スターキラーの活躍のおかげで、反乱同盟は 銀河内戦 で初めて、帝国に対し大勝利を挙げることが出来たのである。その後、ヴェイダーを裁きにかけて処刑するため、スターキラーとエクリプスがこの シス の囚人を惑星 ダントゥイン にある同盟軍秘密基地に運ぶことになった。.

検索 閲覧 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 最近の更新 おまかせ表示 ヘルプ ホーム 編集 ソースを表示 編集の仕方 このページについて このページについて話し合う 新しい節 印刷用バージョン ページの履歴 リンク元 関連ページの更新状況 自分のページ ログイン 特別ページ 新しいページ ファイル一覧 統計 続き

Wiki Wiki. TIE 2 TIEx1 .

フォース・アンリーシュドの登場人物たち(LEGOミニフィグ)

ラクサス・プライム に戻る旅の途中、スターキラーはコータの ライトセイバー の クリスタル の1つを キャッシーク で見つけた青いクリスタルに置き換え、光刃を緑色から水色に変化させた。ラクサス・プライムで、彼は駐留する帝国軍兵士を倒しながら進み、 ドレクシル・ルーシュ の仕掛けた罠を切り抜け、鉱石キャノンへとたどり着く。これは帝国軍の造船所で使用する金属資源を宇宙へ打ち上げるための施設だった。スターキラーは造船所を直接攻撃するようキャノンのプログラムを改造し、施設を完全に破壊した。だが不運にも、この攻撃は スター・デストロイヤー にもダメージを与え、巨大戦艦を惑星の重力に引き寄せてしまった。戦艦が軌道を外れてスターキラーに接近してくると、コータは彼にフォースを使って鉱石キャノンに墜落させるよう指示した。スターキラーは成功し、墜落とその後の崩壊を奇跡的に生き延びたのだった。. ギャレン・マレックの他のほとんどのクローンと同じように、スターキラーも2本のライトセーバーを使って戦う訓練を受けていた。スターキラーは アタル や ニマン といった ライトセーバー戦闘型 を強く好み、これらの型の二刀流戦闘訓練を利用して技術を向上し、 ジャルカイ の型を修得した。実戦において、スターキラーは高度な事前予測戦闘法を使い、トランス的な状態に陥りながら、本能的に戦った。彼の剣さばきは精密でほぼ予測がつかず、フォースによる 攻撃 を一連の動きの中に取り入れることで強さを増していた。ギャレン・マレックと同様、スターキラーはライトセーバーを シエン 式に逆手で握ることを好んだ。.

惑星の防衛 シールド を解除するため、< ミレニアム・ファルコン >に乗った ハン・ソロ 、 チューバッカ 、フィンがスターキラー基地内部に潜入した。彼らは キャプテン ・ ファズマ を脅してシールドを解き、自力で拘束から逃れていたレイと合流する。続けてレジスタンスの Xウイング 部隊が基地になだれこんだが、 TIEファイター の大軍による反撃に遭う。戦闘機部隊を手助けするため地下施設に爆弾を設置した後、ソロは実の息子カイロ・レンの手にかかって命を落とした。チューバッカが爆弾を起爆して突破口を開くと、 ポー・ダメロン の機体が施設内部に飛び込み、オシレーターに攻撃を加えた。エネルギーを制御できなくなったスターキラー基地は徐々に崩れはじめ、最後には連鎖反応によって爆発した。太陽からの蓄積物が解き放たれたことで新星が生じ、基地が属していた星系は連星系に変わった。. 最高指導者 スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス 将軍 - キャプテン ・ ファズマ. パルパティーン はギャレンの存在を感じ、彼を追うためにダース・ヴェイダーを送り込んだ。パルパティーンと反逆者たちとの距離はすでにメートル足らずだった。ギャレンはマスターと激しいライトセイバー戦を繰り広げるが、この戦いは彼がフォースを使って柱や支援ビーム、その他あらゆるものをヴェイダーに投げつけることで決着した。だが、かつてのマスターに打ち勝ち、彼を瀕死の状態まで追い詰めたギャレンは、目の前にパルパティーンがいることに気づいた。パルパティーンは彼に新しい弟子になるよう提案し、このままヴェイダーを倒せば、その地位につけると誘惑する。このとき、反撃に出たコータがフォースでパルパティーンのライトセイバーを奪い取った。しかし、パルパティーンはコータの方へ歩み寄り、彼に シス・ライトニング を浴びせかける。友人を守ろうとしたギャレンはフォースでパルパティーンを天井や壁へと吹き飛ばした。彼はパルパティーンこそがすべての元凶であるという結論に至っていた。父の殺害を命じたのも、彼を闇に転落させたのも、すべてパルパティーンだったのだ。この間もマレックはパルパティーンをライトニングで攻撃し続け、彼を壁へと投げ続けた。そしてギャレンがとどめを刺そうとパルパティーンに近づくと、皇帝は憎しみを込めて自分を斬り捨てろと誘惑した。しかし、マレックはコータの助言に従って ダークサイド の誘惑に抵抗し、皇帝と口論を交わす。そして彼が去ろうとしたとき、パルパティーンは再びシス・ライトニングでコータを攻撃したのだった。マレックは反射的に友人の前に飛び込み、閃光を受け止める。彼はパルパティーンを掴み、彼に向けてライトニングを放ったのだった。.

  • ダゴバで得た ヴィジョン から、彼はエクリプスが反乱軍の宇宙船< サルヴェーション >にいることを突き止めた。ヴェイダーは、スターキラーが抱くエクリプスへの執着心を逆手に取ろうと考え、悪名高い バウンティ・ハンター の ボバ・フェット を雇って彼女をカミーノへと誘拐した。スターキラーは、エクリプス救出という個人的な目的のため、 同盟軍艦隊 を結集させてカミーノに大規模な 攻撃 を行った。戦闘中、スターキラーは<サルヴェーション>を ティミラ・シティ へ激突させ、ダース・ヴェイダーと対峙した。遺伝子提供者に匹敵する戦闘力を発揮したスターキラーは、強力な フォース・ライトニング の攻撃でヴェイダーを破り、敗北したシス卿は同盟軍兵士によって拘禁された。スターキラーの活躍のおかげで、反乱同盟は 銀河内戦 で初めて、帝国に対し大勝利を挙げることが出来たのである。その後、ヴェイダーを裁きにかけて処刑するため、スターキラーとエクリプスがこの シス の囚人を惑星 ダントゥイン にある同盟軍秘密基地に運ぶことになった。. スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争.
  • ダース・ヴェイダー はスターキラーに 評議会 メンバーを殺害することで自分の価値を証明するよう命じた。ヴェイダーは フェルーシア に シャク・ティ が潜伏していることを突き止めていたのだ。フェルーシアへ向かう途中、ギャレンは エクリプス 船長の心に不安があることを感じていた。彼はそのことについて彼女に質問し、彼女が キャロスの戦い で 帝国軍 を率いていたことを知る。やがて彼らはフェルーシアに到着するが、不運にも敵に発見されてしまった。シャク・ティは フェルーシアン の軍を動員し、弟子の マリス・ブラッド を ランコア の墓に匿った。立ちふさがるフェルーシアンとランコアを殺戮したスターキラーは、古代アビス(フェルーシアンに伝わる生贄の地だが、実際には メガ・サーラック の穴として知られていた)でついに ジェダイ・マスター ・シャク・ティと対峙する。彼女は 惑星 の動植物を味方につけるが、 フォース を駆使してもスターキラーには勝てなかった。彼を抑えられるものは何もなく、彼はジェダイ・マスターの一撃を退けると、ほぼ同時に彼女の体を突き刺したのだった。シャク・ティは運命の予言を言い残し、サーラックの口へと落ちていった。だが、彼女がまっさかさまに落ちたちょうどそのとき、スターキラーは自分でも理由は分からなかったが、彼女を掴むために腕を伸ばし、「だめだ」と叫んだ。シャク・ティの死によって、フェルーシアは闇に包まれることになったのだ。.

AT-ST !

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツは CC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。. スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争. ダークサイドの洞窟 の入り口でヨーダと遭遇するスターキラー.

: 34, 85.

パルパティーン はギャレンの存在を感じ、彼を追うためにダース・ヴェイダーを送り込んだ。パルパティーンと反逆者たちとの距離はすでにメートル足らずだった。ギャレンはマスターと激しいライトセイバー戦を繰り広げるが、この戦いは彼がフォースを使って柱や支援ビーム、その他あらゆるものをヴェイダーに投げつけることで決着した。だが、かつてのマスターに打ち勝ち、彼を瀕死の状態まで追い詰めたギャレンは、目の前にパルパティーンがいることに気づいた。パルパティーンは彼に新しい弟子になるよう提案し、このままヴェイダーを倒せば、その地位につけると誘惑する。このとき、反撃に出たコータがフォースでパルパティーンのライトセイバーを奪い取った。しかし、パルパティーンはコータの方へ歩み寄り、彼に シス・ライトニング を浴びせかける。友人を守ろうとしたギャレンはフォースでパルパティーンを天井や壁へと吹き飛ばした。彼はパルパティーンこそがすべての元凶であるという結論に至っていた。父の殺害を命じたのも、彼を闇に転落させたのも、すべてパルパティーンだったのだ。この間もマレックはパルパティーンをライトニングで攻撃し続け、彼を壁へと投げ続けた。そしてギャレンがとどめを刺そうとパルパティーンに近づくと、皇帝は憎しみを込めて自分を斬り捨てろと誘惑した。しかし、マレックはコータの助言に従って ダークサイド の誘惑に抵抗し、皇帝と口論を交わす。そして彼が去ろうとしたとき、パルパティーンは再びシス・ライトニングでコータを攻撃したのだった。マレックは反射的に友人の前に飛び込み、閃光を受け止める。彼はパルパティーンを掴み、彼に向けてライトニングを放ったのだった。.

スターキラーは、 フォース・ライトニング を様々な独特な方法で使い、圧倒的な電撃の弾幕によって、一度に複数の敵を攻撃することも可能だった。ギャレン・マレックと同様、スターキラーもまたライトニングをライトセーバーの戦闘の中に組み込み、突然のエネルギー放出で接近攻撃を強化していた。また、彼は特定の機械を充電、あるいはショートさせるなど、より戦術的な目的でライトニングを使うことがあった。テレキネシス能力と同じように、彼のライトニングには標的を崩壊させるだけの力があった。.

スターキラー基地は爆撃を防ぐのに充分な防御力を誇る 惑星シールド によって保護され、亜光速ではいかなる 宇宙船 も侵入することができなかった。しかし、大規模なシールドを維持するために小さな リフレッシュ・レート が必要とされるため、この弱点を利用すればハイパースペースを通じて直接シールド内部に飛び込むことが可能だった(ただし、1秒のタイミングの差で惑星の地表に激突する危険な方法である)。また、シールドの制御機能が一箇所に集中していたため、故障や破壊工作が行われた際には、技術者が修理のため制御室に到着するまでのあいだ惑星全体が無防備になる可能性があった。実際、基地を攻撃した レジスタンス はこれらの欠陥を利用した。< ミレニアム・ファルコン >はハイパースペースを飛びぬけてシールド内に出現し、崖の端への不時着を成功させた。. スターキラーは、他のクローンたちに与えられていたものと同じ、簡素な衣服を着ていた。この服は機能性を重視してデザインされていた。スターキラーはシンプルなスラックス、半袖の シャツ 、標準的な ブーツ (いずれも暗い色)を着こみ、その上から比較的明るい色の、ネックラインが低い袖なしの チュニック を身に着けていた。肩やウエストには、革のような素材でできたガードや補強材があった。また、このユニフォームは耐火性だったようである。この服は、ダース・ヴェイダーとの過酷な訓練の結果、スターキラーがカミーノから脱走した時点でぼろぼろに擦り切れていた。.

カテゴリ :.

  • 詳細は イタニ・ネビュラ付近での戦い を参照.
  • 特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツは CC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。.
  • Wikiコミュニティ コミュニティセントラル Wikiをはじめよう.
  • ログイン アカウントをお持ちでない場合.

- - - ! TIE. TIE 1. - - - - .

ゴログは拘束を振りほどいてスターキラーを投げ飛ばし、処刑用アリーナにあった建造物を破壊しながら、怒り狂って彼を追いまわした。ターコ男爵のもとに辿りつくため、スターキラーは暴れまわるゴログを止めようとしなかった。ターコ男爵がいる重要人物用のボックス席に侵入したスターキラーは、コタとともに男爵と対峙する。しかし、彼らの対決は、ゴログの介入によってあっという間に終わった。崩壊するアリーナから落下する途中、ゴログはボックス席を掴み、ターコを口の中へと放り込んだ。怪物はコタを手に握ったまま落下し、スターキラーは後を追って飛び降りた。彼は、フォース・ライトニングやライトセーバーを投げる技でゴログを攻撃し、最後はフォースを使ってこのクリーチャーの胴体を突き破った。怪物は死に、コタもその手の中から解放された。ケイト・ニモーディアの空を落下しながら、コタは コムリンク を使って< ローグ・シャドウ >(かつてギャレン・マレックのものだった宇宙船)を呼び出し、オートパイロット飛行のこの船に飛び乗って、眼下の岩地への衝突を免れた。.

ヴェイダーは、 惑星 カミーノ のクローン技術を利用し、死んだ弟子の再製造を試みた。実験体の成長率を急速に高めるため、 カミーノアン の手法の強化版である加速型クローニング・プロセスが取り入れられた。しかし、この技術はまだ未完成だったため、 シス卿 の新しい弟子にはふさわしくない、不安定なクローンが数多く生まれた。数か 月 に及ぶ失敗の末、最初の成功作かもしれないと期待が持てるクローンが1体生み出された。他のクローンと同様、この被験者もまた、オリジナルであるギャレン・マレックの技術と力を備えていたが、訓練中の メモリー・フラッシュ の副作用として、マレックの感情も受け継いでしまっていた。.

カテゴリ : 人物 人間 ダーク・ジェダイ 反乱同盟軍 印刷用バージョン 免責事項 プライバシー・ポリシー. スターキラーはコータのライトセイバーをヴェイダーに差し出して成功を報告し、その後再び次の標的のもとへと送り込まれた。 ラクサス・プライム の孤独なドロイド製造者、 カズダン・パレイタス である。そして到着するや、彼は ジェダイ の作った ドロイド とテクノビーストの軍隊、さらにはドレックス・ルーシュ率いる ローディアン の廃品回収業者の一団と遭遇した。彼は大群を掻き分けて戦い、行く手を一掃するため墜落した コルヴェット の ハイパードライブ ・エンジンを起動する。スターキラーはラクサス・プライムに 再建 された コルサント と同じ巨大な ジェダイ聖堂 に到着し、その中で 最高評議会 の 会議室 へ向かいながらより多くのドロイドたちと戦った。会議室には正気を失ったジェダイが待っていたが、彼は ジェダイ・マスター とテクノビーストと化した 最高評議会 のメンバーを打ち果たし、パレイタスを殺害した後、 <エグゼキューター> へと戻ったのだった。.

TIE .


Facebook
Twitter
コメント
Takeo 09.03.2020 01:12 答える

ダース・ヴェイダー ラーム・コタ.

Saburo 08.03.2020 21:18 答える

ギャレン・マレック のクローンたち.

Yuko 01.03.2020 00:35 答える

ダース・ヴェイダー ラーム・コタ.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 blocksplit.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.