寺 数え 方 単位

09.10.2020
249

一本、一柄(へい・え・から) 【知識】 「杓文字」は、「杓子」の「しゃ」に「もじ」を付けた宮廷の女房詞(にょうぼうことば)。. ただし、仏様の下の方の位に天という種類があります。 四天王、八部衆などがありますが、天の仏様は仏法守護の仏様でありながら、元はヒンドゥー教など他宗教の神様でした。 既述の弁才天や大黒天も同様です。 したがって、天に限っていえば仏様に柱を使用しても間違いではないでしょう。. ジータ氏 職員救済で年俸返納

調査時期年10月26日~年11月5日 マイナビウーマン調べ 調査数:男性名、女性名 調査方法:インターネットログイン式 アンケート. 一輪、一本、一枝、一朶(だ) [枝一本のこと。主に花の付いた一枝、一輪の花。本来の意味は垂れ下がった枝] 、一弁、一片、一株(かぶ・しゅ)、一把(わ)、一束(たば)、一鉢、一群・一叢(むら・そう)・一簇(むら・そう) [群生で] 、一団 [群生で] 【知識】 ボタンに似た花を付けるが、ボタンは樹木であるのに対し、シャクヤクは草本。「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」などの言葉がある。. NFLスター選手 公園で練習し検挙 一台、一本、一架、一棹・一竿(さお) 【知識】 「一棹・一竿」は、竹や木の棒を通して担ぐようにした長持や簞笥で使われるが、長持や簞笥と同じような形状の家具全般に使われることもある。また、家具店では、家具全般を「本」という数え方をすることがある。. 作品を見る 【参考】種田山頭火 「其中日記 (八)」: 米は買えないから(一升三十二銭)食パンを買う(一斤十四銭)、そして行乞はしないのだ、こゝにも私のワガママがあるけれど、それが私のウマレツキだから、詮方もない。 【参考】林芙美子 「新版 放浪記」: 十子は食パンを一斤買って来てくれる。古新聞を焚いて茶をわかしていると、 暗澹 ( あんたん ) とした気持ちになってきて、 【参考】村井弦斎 「食道楽 秋の巻」: 先ずサンドウィッチの原料として、食パン一 斤 ( きん ) を 薄 ( う ) すく切って二十 片 ( きれ ) にします。二片ずつで一色のサンドウィッチを作りますから一人前が 六片 ( むきれ ) 要 ( い ) ります、二十人前で百二十片ちょうど六斤ですね。.

[56] [] []. … 2.

作品を見る 【参考】泉鏡花「木の子説法」: 青地のめりんす、と短刀 一口 ( ひとふり ) 。数珠一 聯 ( れん ) 。千葉を遁げる時からたしなんだ、いざという時の 二品 ( ふたしな ) を添えて、 【参考】高山樗牛 「瀧口入道」: 命終 ( いのちおわ ) る時に随うものはなく、 野辺 ( のべ ) より 那方 ( あなた ) の友とては、 結脈 ( けちみゃく ) 一つに 珠数 ( じゅず ) 一聯のみ。之を想えば世に悲しむべきものもなし。. 一基 [城郭などの飾り物] 、一頭・一匹・一疋 [想像上の海獣].
  • 作品を見る 【参考】田中貢太郎 「二通の書翰」: 鎌倉の八幡宮の前にあったあの雪の下の 饅頭屋 ( まんじゅうや ) へ、 某日 ( あるひ ) 二通の 書翰 ( しょかん ) が届いた。 【参考】吉川英治 「私本太平記 あしかが帖」: 人なき折、解いてみると、書物の間には、国元の直義から右馬介あてに来た書簡二通と、また、彼自身の詫び状が 挿 ( はさ ) んであった。 【参考】有島武郎 「或る女 (後編)」: 書記が丁寧に書いたらしい書簡一封とを探り出した。 【参考】徳永直 「光をかかぐる人々」: 箱館においてプーチヤチンから江戸老中宛に出した書翰といふのが、まだ出役中で江戸滯在の森山榮之助及び本木昌造兩人で飜譯したものである。「大日本國の執政に此一翰を呈す」とはじまつてゐるが、この飜譯文などは從來の長崎通詞の譯文としてはきはだつてハイカラになつてゐる。. 作品を見る 【参考】岡本綺堂 「青蛙神」: おふくろの云う通り、今は高粱の [#「高粱の」は底本では「高梁の」] 刈入れ時で、人間の手足が八本も欲しいという時節に、朝から 喞 ( くわ ) え煙管で一日 ぶらぶら しているのは、あんまり悠長過ぎるではないか。お前はそんな怠け者ではなかった筈だが……。.
  • 一台、一本、一架、一棹・一竿(さお) 【知識】 「一棹・一竿」は、竹や木の棒を通して担ぐようにした長持や簞笥で使われるが、長持や簞笥と同じような形状の家具全般に使われることもある。また、家具店では、家具全般を「本」という数え方をすることがある。.

作品を見る 【参考】泉鏡花 「神鷺之巻」: 雑草が伸茂って、道を 蔽 ( おお ) うていそうだったのが、敷石が一筋、すっと正面の階段まで、 常磐樹 ( ときわぎ ) の落葉さえ、五枚六枚数うるばかり、草を 靡 ( なび ) かして滑かに通った事であった。. 編集注:下記作品群の中に「集団」という語は出てきませんが、「まとまり」を表す意の助数詞を含む作品として引用しています。 【参考】小林一三 「宝塚生い立ちの記」: だが見渡すと、それを笑わないで聞いている一団が三階席にいた。三階席の中央部にいた男女一団の学生達である。 【参考】国枝史郎 「三甚内」: 戸外には、積もって解けぬ初雪白く、ポッと明るいここかしこに、一団、二団、三団、と捕り手の黒い影が見える。 【参考】太宰治 「惜別」: いまは 黄興 ( こうこう ) の一派と孫文の一派の握手もいよいよ実現せられて、中国革命同盟会が成立し、 【参考】犬田卯 「橋の上」: 彼の一味の子分達が、またそれぞれの獲物をもって、圭太を取りかこんでしまっていたのだ。 【参考】田中貢太郎 「鮭の祟」: 恐ろしいとも、一家一門が畜生道に墜ちて、 【参考】泉鏡花 「縷紅新草」: 親類一門、それぞれ 知己 ( ちかづき ) の新仏へ志のやりとりをするから、 【参考】菊池寛 「仇討禁止令」: 天野新一郎だけは、八百石取の家老天野左衛門の嫡子であり、一党の中では、いちばん身分が高かった。 【参考】菊池寛 「義民甚兵衛」: 御一統のうちで礫を打った心覚えのある人は五人や十人はあると思う。その中でな、村の難儀を救ってやろうと思うお人は、名乗って出てもらいたいんじゃ。 【参考】森鷗外 「佐橋甚五郎」: 蜂谷の一族は甚五郎の帰参を快くは思わぬが、 大殿 ( おおとの ) の 思召 ( おぼしめ ) しをかれこれ言うことはできなかった。 【参考】国枝史郎 「三甚内」: 一軒の家の戸蔭から つと 浮かび出た一人の武士。辷るように走って来る。と、その行く手の往来へ むらむら と現われた一群の捕り手。 【参考】太宰治 「走れメロス」: ぜいぜい荒い呼吸をしながら峠をのぼり、のぼり切って、ほっとした時、突然、目の前に一隊の山賊が躍り出た。 【参考】芥川龍之介 「山鴫」: 鴫打ちの一行には、この二人の 翁 ( おきな ) の外にも、まだ若々しさの失せないトルストイ夫人や、犬をつれた子供たちが加わっていた。.

一枚 【知識】 1分間に45回転するレコード盤。ドーナツ盤とも言われる。片面1曲ずつの2曲を収録。. 一部、一冊、一誌・一種 [種類] 、一号 [発行の順序で]. 作品を見る 【参考】穂積陳重 「法窓夜話」: 女神像の下より 珊々 ( さんさん ) の音を立てて流れ落つる三条の清水、これが即ち世に名高いエジェリヤの涙泉で、神像は言うまでもなく、エジェリヤの像である。 【参考】牧野信一 「明るく・暗く」: 純吉も、勿論胸の中を一脈の清水が流れ通っているような爽々しさを覚えていたのだ。. 作品を見る 【参考】海野十三「宇宙の迷子」: 巨大なる三基のジャイロスコープがいきおいよくまわり出した。.

11 or.

【歴史雑学】日本の神様の数え方は「柱」

一回、一度、一つ、一問、一題、一科目、一日目、一次・二次 … [段階] 、一番・二番 … [順位]. 作品を見る 【参考】坂口安吾 「勝負師」: 私は今期の名人戦はこの一局以外に知らないが、 【参考】坂口安吾 「勝負師」: 名古屋で、木村升田三番勝負の第一回戦があって、 【参考】坂口安吾 「将棋の鬼」: だから、この一戦に関する限り、木村は勝負の鬼、めざましく、見事な闘魂、 【参考】坂口安吾 「坂口流の将棋観」: 升田八段は型だの定跡を放念して、常にたゞ、相手が一手さす、その一手だけが相手で、その一手に対して自分が一手勝ちすればよい、それが彼の将棋の原則なのだろうと私は思う。 【参考】泉鏡花 「伊勢之巻」: 向合って、いたいたけに 袖 ( そで ) をひたりと立つと、 真中 ( まんなか ) に両方から 舁 ( か ) き据えたのは、その 面 ( おもて ) 銀のごとく、四方あたかも漆のごとき、一面の将棋盤。.

作品を見る 【参考】織田作之助 「土曜夫人」: 金文字のはいった扉を押すと、十球の全波受信機がキャッチしたサンフランシスコの放送音楽が、. 作品を見る 【参考】津田左右吉「芸術と社会」: しかし、ここに一つの障害がある。その障害は、ほんの外部的なものであって、純芸術としての絵画から見れば、どうでもよいことではあろう。が、絵画の社会的方面においては看過すべからざることである。.

「神道」カテゴリの記事

SteamのゲームをLinuxでもプレイ可能に… 首相、緊急事態宣言2週間「命守るため… 作品を見る 【参考】太宰治 「春の盗賊」:  同じ失敗を二度繰りかえすやつは、ばかである。身のほど知らぬ 倨傲 ( きょごう ) である。 【参考】豊島与志雄 「泥坊」: それでも五右衛門は、二度の失敗に 性 ( しょう ) こりもなく、また三度目の考えをいたしました。 【参考】小栗虫太郎 「人外魔境 天母峰」: 「くそっ、カーネギーの金庫を背負った学会がなんて醜態だ。二度や三度の、失敗で 平張 ( へば ) るなんて、外聞があるぞ。俺も、今度こそは往ってと思っていたのに……」. 作品を見る 【参考】国枝史郎 「娘煙術師」: 三尺幅に一間ぐらいの長さの、足高の 卓袱台 ( しっぽくだい ) が四、五台がところ、土間に位置よく置かれてあったが、その一台を前に控えて、紋也は飲んでいるのであった。. 作品を見る 【参考】森鷗外 「山椒大夫」: 厨子王は雑木林の中に立ってあたりを見廻した。しかし柴はどうして苅るものかと、しばらくは手を着けかねて、朝日に霜の 融 ( と ) けかかる、 茵 ( しとね ) のような落ち葉の上に、ぼんやりすわって時を過した。ようよう気を取り直して、一枝二枝苅るうちに、厨子王は指を 傷 ( いた ) めた。 【参考】太宰治 「お伽草紙」: もう私も、柴を一束こしらえたから、これから背負って爺さんの庭先まで持って行ってあげましょうよ。 【参考】森鷗外 「山椒大夫」: 垣衣は浜へ往って、日に三荷の潮を汲め。萱草は山へ往って日に三荷の柴を刈れ。弱々しい体に免じて、荷は軽うして取らせる.

[] [] []. 450 6.

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

ビックカメラ Switch抽選を延期 7. 作品を見る 【参考】須川邦彦 「無人島に生きる十六人」: 学用品には苦心した。三本のシャベルを石板のかわりにして、石筆には、ウニの針を使った。. 作品を見る 【参考・ことわざ】「小坊主一人に天狗八人」: 弱い者に強い者が大勢で襲いかかる様を表し、力のつり合いが取れないことのたとえ。.

テレワークで失敗 あるあるネタ 9.

  • バトル シップ 戦艦
  • ごくありふれたこと。 日常── 事
  • アイテレーゼ 黒猫
  • ナルト 愛 され 逆行 小説