古典主義 文学 日本

06.10.2020
159

象徴的媒介 (figurative mediation) B. 村上龍 が『 限りなく透明に近いブルー 』(年)でヘロインと乱交にあけくれる若者を描き芥川賞を受賞し、大いに注目された。以後、『 コインロッカー・ベイビーズ 』( 年 )などを発表した。村上龍とともに語られるのが、年に『 風の歌を聴け 』で 群像新人文学賞 を受賞してデビューした 村上春樹 である。『 羊をめぐる冒険 』( 年 )などの アメリカ文学 の影響を受けた作風が支持された。『 泥の河 』(年)で 宮本輝 が登場し、『 蛍川 』(年)『 道頓堀川 』( 年 )を合わせた川三部作により戦後大阪の庶民の姿を描いた。.

最終更新 年2月28日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

自由劇場 や 芸術座 の活動が演劇界に大きな影響を与え、 戯曲 の創作が盛んになった。 岡本綺堂 の『 修善寺物語 』( 年 )、 倉田百三 の『 出家とその弟子 』( 年 )、 菊池寛 の『 父帰る 』( 年 )などの作品が発表された。. ブラジル帝国 においてロマン主義は、 ゴンサルヴェス・デ・マガリャンイス の『詩的吐息と感情』(年)によって導入された [13] 。ブラジルのロマン主義はヨーロッパの形式の模倣に過ぎなかったが [14] 、扱われた主題は新たな国民国家のアイデンティティに関するものだった [14] 。ヨーロッパのロマン主義において英雄と見なされたのは 中世 の 騎士 だったが、中世を経験せず、騎士も存在しなかったブラジルにおいてその役割は インディオ によって担わされることになり、 インディアニズモ と呼ばれる文学潮流が生まれた [14] 。その中で目標とされたのは、「ブラジル語」の創造だった [14] 。このように、ロマン主義文学者の想像上のインディオはインディアニズモの潮流の中で賞賛されたが、 奴隷制 に苦しむ 黒人 は少数の例外を除いてロマン主義文学者のテーマにはならず [15] 、実際に存在するインディオに対しては無関心、または敵対的な政策がとられた。.

モリソン: つまり、明治から現代に至るまでの様々な作品を大きく2種類に分けるというシステムね。すなわち、. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 象徴的媒介 (figurative mediation) B. ギリシア美術 - ローマ美術 - ビザンティン美術 - フィレンツェ派 - ヴェネツィア派 - ウンブリア派 - シエナ派 - フェラーラ派 - ローマ派 - パルマ派 - フランドル 絵画 - オランダ絵画. GREEN APPLE のシングルについては「 ロマンチシズム 」をご覧ください。.

Lyrical Ballads. 19 .

近代化 が進むにしたがって、自我意識の目覚めは人間性の解放をもたらし、開放的な自由を求める ロマン主義 文学が登場する。 森鷗外 は ドイツ での経験を題材にした『 舞姫 』( 年 )を発表し、自我の覚醒を描いた。また鷗外は アンデルセン 原作の『 即興詩人 』( 年 )を訳し、典雅な擬古文体によって詩情豊かな恋物語を伝え、広く愛読された。 北村透谷 は近代的自我の内面の充実を主張した評論『内部生命論』( 年 )を書いた後、25歳で自殺した。 樋口一葉 は、代表作『 たけくらべ 』、『 にごりえ 』(ともに 年 )が鷗外・露伴の激賞を受け注目されるが、24歳の若さで死去した。 泉鏡花 は、『 高野聖 』( 年 )、『 歌行燈 』( 年 )といったロマン的情緒の深い作品を発表し、幻想的・神秘的な独自の世界を拓いた。 国木田独歩 は自然美を随筆的に描いた『 武蔵野 』( 年 )を発表し、キリスト教人道主義者の 徳冨蘆花 は社会的視野を持った 家庭小説 『 不如帰 』( 年 )を発表した。独歩はやがてロマン主義から自然主義的な作風に変化していった。日本のロマン主義文学は、西欧のそれに比べて短命であった。. 美佐子ちゃん: なるほど。では、近代から現代の作品は「写実的リアリズム」によるものか「非写実的リアリズム」によるものか、どちらかに分類できるということのようですが、その小説が「写実的リアリズム」であるか「非写実的リアリズム」であるかは、どうやって判断できるのですか?何か基準とかありますか?.

このクリエイターの人気記事

他言語版 한국어 リンクを編集. 音楽におけるロマン主義(ロマン派)時代は、 バロック音楽 に続く 古典派音楽 の次にくる時期を指し、ほぼ 19世紀 全体および20世紀初頭に及んでいる。ただし19世紀後半には ロシア や 東欧 ・ 北欧 ・ スペイン では 民族主義 的な 国民楽派 が栄え、フランスでは20世紀初頭には 印象主義音楽 に移行していた。このため、後期ロマン派と呼ばれる19世紀中盤以降のロマン派音楽は、ドイツ・フランス・イタリアなどの限定的な地域での流行となった。代表的な 作曲家 として フランツ・シューベルト 、 エクトル・ベルリオーズ 、 フレデリック・ショパン 、 ロベルト・シューマン 、 フランツ・リスト 、 リヒャルト・ワーグナー などが挙げられる。.

先行する 新古典主義 に対するロマン主義の反伝統的、反制度的表現を準用して、絵画においてもロマン主義の呼称が用いられる。ロマン主義に属する画家としては、スペインの ゴヤ 、フランスの ドラクロワ 、 テオドール・ジェリコー 、 ギュスターヴ・ドレ 、イギリスの ウィリアム・ブレイク 、 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 、 サミュエル・パーマー 、 リチャード・ダッド 、イタリアの フランチェスコ・アイエツ 、スイスの ヨハン・ハインリヒ・フュースリー 、ドイツでは山岳・廃墟などをテーマにした カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ 、 フィリップ・オットー・ルンゲ 、ノルウェーの ヨハン・クリスチャン・ダール などが挙げられる。. 戦時体制の強化により プロレタリア文学 の小説家たちは弾圧を受け、政治性や思想性を放棄した 転向作家 が続出した。 中野重治 の『村の家』や、 高見順 の『故旧忘れ得べき』(年)などが 転向文学 の代表である。また、危機的な時局を背景に国粋的動向とともに 保田與重郎 や 蓮田善明 ら 日本浪曼派 の文学活動が見られた。.

口語詩が次第に完成されていき、 室生犀星 、 佐藤春夫 、 山村暮鳥 らがそれを高めた。とくに『 道程 』( 年 )の 高村光太郎 、『 月に吠える 』( 年 )、『 青猫 』( 年 )の 萩原朔太郎 は口語自由詩を確かなものにした。一方、 堀口大學 は訳詩集『 月下の一群 』( 年 )を発表、この時期に再評価された 上田敏 の訳詩集『海潮音』とともに、名訳詩集として高い世評を得た。. また、演劇界にも自然主義の影響があり、逍遥、 島村抱月 らが 文芸協会 を立て、 イプセン の『 人形の家 』の上演などを行った。文芸協会の解散後、抱月は 松井須磨子 らとともに 芸術座 を設置し L.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

  • この時期、ベテラン勢も健筆ぶりを示し、 井上靖 『孔子』( 年 )、 筒井康隆 『 文学部唯野教授 』(年)、 河野多恵子 『みいら採り猟奇譚』(年)、 開高健 『珠玉』(年)、 丸谷才一 『女ざかり』(年)、 遠藤周作 『深い河』( 年 )などが話題となった。また、実業家として第一線を退いた 辻井喬 が執筆活動を活発化し、『虹の岬』(年)などを発表した。 中上健次 が『軽蔑』(年)を発表、彼の文学の系譜がいよいよ鮮やかになったが、同年死去。その前後に、 大岡昇平 、井上靖、 安部公房 、 井伏鱒二 、遠藤周作など世界的な作家が死去した。.
  • 翻訳文学は、明治10年代(年 - 年)になってさかんに西欧の文学作品が移入され広まった。代表作は 川島忠之助 が翻訳した ヴェルヌ の『 八十日間世界一周 』( 年 )、 坪内逍遥 が シェイクスピア の戯曲『 ジュリアス・シーザー 』を翻訳した『自由太刀余波鋭鋒』( 年 )である。. その間にも、 安部公房 は『 箱男 』( 年 )、『 密会 』(年)を、 檀一雄 は『 火宅の人 』(年)を、 安岡章太郎 は『 流離譚 』(年)を、 吉行淳之介 は『 夕暮まで 』( 年 )を、 古井由吉 は『槿』( 年 )を、 黒井千次 は『 群棲 』( 年 )を発表した。また、 大江健三郎 は『 ピンチランナー調書 』(年)、『 同時代ゲーム 』(年)の後、代表作の一つ『 新しい人よ眼ざめよ 』(年)を著した。.

415 UTC - Cookie. : 19. Romantyzm 2 .

[現代文]大学受験の近現代文学史を攻略する③――写実主義と擬古典主義②

これに対し、自由・民主主義の空気を背景に、「 白樺 」で活動した 白樺派 の人々は、人道主義を主張した。『 お目出たき人 』( 年 )『 友情 』( 年 )の 武者小路実篤 や、『 和解 』、『 城の崎にて 』(ともに 年 )の 志賀直哉 、『 或る女 』(年)の 有島武郎 、『 多情仏心 』( 年 )の 里見弴 らである。特に志賀直哉の 私小説 ・ 心境小説 は 純文学 の規範として同時代の若い小説家たちに多大な影響を与えた。. 名前空間 ページ ノート. 初期フランドル派 - ルネサンス - 盛期ルネサンス - 北方ルネサンス - マニエリスム - グロテスク装飾 - フォンテーヌブロー派.

- - - - - - - ! mediation. [12].   …….

文学史を再考する:「写実的リアリズム」と「非写実的リアリズム」

芸術表現を重視するとされる「文学」(これを特に 純文学 ともいい、主に小説を指す)とは別に、娯楽を目的とする小説の流れが一貫して存在してきた。 大衆小説 (大衆文学)と言われる、商業的な小説である。従来の 講談 や 読本 の流れをくむ 時代小説 や 伝奇小説 、欧米から導入された 探偵小説 や 科学小説 、また 官能小説 などのジャンルを含む。. 名前空間 ページ ノート. 初期キリスト教美術 - ロマネスク - ゴシック - 国際ゴシック. ブラジルロマン主義の文学者としては、詩においてインディアニズモを開拓した ムラート の アントニオ・ゴンサルヴェス・ディアス [16] 、インディアニズモ小説の『イラセマ』と『グアラニー』でブラジルロマン主義の頂点に立った ジョゼ・デ・アレンカール [13] 、『ある在郷軍曹の回想録』(年)で帝都 リオ の風俗を描き、上流階級を揶揄した マヌエル・アントニオ・デ・アルメイダ [15] 、ブラジルロマン主義に「笑い」をもたらし [13] 『苦しめられし犠牲者たち』(年)で黒人に若干の偏見を持ちながらも黒人奴隷制を告発した ジョアキン・マノエル・デ・マセード [15] 、 ヴィクトル・ユーゴー の人道主義に共感し、 奴隷制廃止運動 に携わった詩人 カストロ・アルヴェス [15] 、『奴隷女、イザウーラ』(年)で白人女性のような黒人女性を描いた ベルナルド・ギマランエス [15] などの名が挙げられる。.

19 2019 20 19. immediacy mediationimmediacy mediation4. Romantyzm 2 ?

純粋なる日本を思い出させる「擬古典主義」

戦前から活躍していた詩人の作品では、 高村光太郎 の『典型』( 年 )、 金子光晴 の『落下傘』( 年 )、 西脇順三郎 の『旅人かへらず』( 年 )、 釈迢空 ( 折口信夫 )の『古代感愛集』(年)、 三好達治 の『駱駝の瘤にまたがつて』(年)、 高見順 の『死の淵より』( 年 )などが注目された。. この時期には、海外で 日本文学 の翻訳が盛んになり、一部の作家は同時代の海外文学に強い影響を与えるようにもなった。翻訳された村上春樹の作品が多くの国でベストセラーとなり、村上は世界的に最も影響力のある小説家の一人となった。 多和田葉子 は 日本語 と ドイツ語 の両方で創作を続け、その作品は国境を越えて高く評価された。 小川洋子 も『 博士の愛した数式 』(年)などの作品で世界的に名を知られた。日本国内では、 リービ英雄 や 楊逸 のような、日本語を 母語 としない、日本語で創作する小説家が高い評価を得た。 年 には 川上未映子 、 円城塔 、 磯崎憲一郎 、 諏訪哲史 らが相次いで デビュー した。.

日中間の戦争の到来によるモダニスム運動の退潮により、詩の世界も変化する。 堀辰雄 らが主宰する雑誌「四季」では、 立原道造 、 津村信夫 、 丸山薫 ほか「四季派」の詩人達が 抒情詩 の牙城を築き、 日本浪曼派 からは 伊東静雄 が活躍した。そのほか、 草野心平 、 中原中也 などもユニークな足跡を残した。この時代の代表的な詩集は 三好達治 の『 測量船 』( 年 )、 西脇順三郎 の『 Ambarvalia 』( 年 )、 中原中也 の『 山羊の歌 』( 年 )、 中野重治 の『中野重治詩集』( 年 )、 高村光太郎 の『 智恵子抄 』( 年 )などであり、歌集は 島木赤彦 の『柿蔭集』( 年 )、 会津八一 の『鹿鳴集』( 年 )、句集は 水原秋桜子 の『葛飾』( 年 )、 中村草田男 の『長子』( 年 )などである。また、 土屋文明 が優れた短歌を残した。.

GREEN APPLE のシングルについては「 ロマンチシズム 」をご覧ください。.

: Wikipedia.

  • 棋聖戦 91 期
  • 高級 車 定義
  • カービュー
  • レ ミゼラブル 意味 フランス語