アイス・ ピラーズ・ ブレイク

発行者: 27.02.2020

なお、運営は見ているだけの無能で、ご多聞に漏れずモラルも無い。 終盤を除いて芝さんの知力面をageているので「エンジニアや作戦参謀が勝負の鍵」のように見えがちだが、知力全振りの魔法工業高校こと四高は最下位争い常連の雑魚扱い。「選手が天才でなければ裏方の努力など無意味」という左遷生からの腐ったメッセージである。 ・事故も妨害工作もそっちのけで九校戦優勝にこだわる生徒会や部活連 ・それなのにエンジニア育成等の事前準備はビックリするほどできてない ・一校は優勝大本命らしいが男子選手の大半は森崎以下のかませ犬だらけ ・部費に色つけてもらえる程度には去年活躍したはずの高周波ブレード先輩の敗退 ・芝さんが居なければ女子の成績もお察し ・「一高連覇か三高阻止か」と十師族優遇を匂わせる開会式アナウンサー ・学校行事より優先される七草家の緊急呼び出し 以上の描写を総合すると 「一高優勝が談合で決まってたけど三高の校長がクリプリをダシにして開会式前日にいきなり八百長拒否った」 かのように思えてくるが、当然ながら邪推である。 ついでに言うと、モノリスコードのクリプリ vs 芝さんで、クリプリが殺傷性の高い魔法 当たれば 肋骨骨折・内蔵出血 を芝さんに 直撃 させても、反則どころか警告一つ取られないことから、中東の笛に匹敵するレベルでの十師族との癒着、大会委員の腐敗が疑われるが、これも当然ながら邪推である。.

転じて、上の理屈からアンチスレの唐突な終末論をブチ上げる輩の通称。  アンチスレ民などにより左遷の人間性がこれでもかと掘り返され、彼が「嫉妬」に値しない人物であることが知れ渡り打つ手を失った嫉妬兄貴が新たに考えた煽り文句である。 ちなみにアンチスレの勢いは放送が終了したアニメに関するスレの勢いとしてはむしろ破格である。. 左遷が「ご都合主義」と解しているのは「なぜか敗れた時に敵に見逃してもらえる」「都合良く援軍が現れる」「潜在能力が覚醒する」(いわゆるイヤボーン)といった展開のことを表し、wwさんは そのような展開を必要としないくらいの強大な力を初めから与えられている という設定である。その上で、 「ずる賢く立ち回る敵を圧倒的な力の差で押し切る」 主人公を、 最初に決めた設定から逸脱しないように 描いていくのが劣等生という作品のモットーであると語っている。   一見すると筋の通ったことを言っているように聞こえなくもないが、「最初からラスボスを倒せる力を持っている上に、最初に決めた設定から逸脱しない」ということはwwさんは物語の終わりまで成長や変化をする必要がなく、むしろ成長するという要素も「ご都合主義」と名付けて切り捨ててしまっている。これはwwさん以外にも及んでおり、家柄や才能などの生まれ持った差を修行や工夫で埋めるというよくある展開も、この作品では「ご都合主義」に該当する。.

こんなグダグダボロボロであるにもかかわらず、劣等似本では甲子園大会やスーパーボウルのような国民的イベントとして扱われ、会場には10万人の観客が押し寄せ、テレビ中継も高視聴率を獲得しているという。どれだけ娯楽の無い世界なのか、こんなところでまで劣等星ディストピア説が補強されている。   スピード・シューティングを除けば殺傷力Bランク以上の魔法を使用できないが、これはつまり「定型を外れた不良品」でありランクのないwwさんは好き放題していいというのと同義である。 誰が見ても分かるようなルールの穴を突くのは勿論芝さんの特権で、クレー射撃もどきで爆裂弾をぶっぱなしたり水上スピード競技では目潰しを決めるなど暴虐の限りを尽くす。 そのため 自力で勝てる力があるのに反則じみた手に頼る卑怯でせこい芝さんの図 にしか見えない。敵が不自然なまでに無能なのは いつもの事 である。.

魔法の発動自体をできなくするため、この先左遷による後付がない限りは芝さんの懸念事項であった十三束やホ文字も一発で無力化可能である。 ただでさえディスペル技には事欠かない芝さんにこの技が必要かどうかはもう語るにもアホらしいので置いとくとしても、学校サボって痛い思いしてまで開発した バリオン・ランス は完全な死に技になってしまった。.

もっとも葉山さんがこれを 「ズル」 と言っているあたり、このような魔法の使い方は劣等星において一般的ではないのだというボロをかえって出してしまっているというのもきっと邪推である。. 芝さんご執心の研究「魔法による核融合炉」の成果の一つで、ピストン式核融合炉の後継機。 試作機はその辺で手に入りそうな材料で製作されており、怪しげな健康器具と同じ匂いを放っている。 ピストン式 の時点で指摘されていたことだが、核エネルギー以上に不安定かつ属人的な力である魔法をインフラにしようとすること自体が無謀である。エネルギー供給を魔法に依存するようになれば、非魔法師は魔法師に逆らうことはできなくなり、魔法師も発電設備の維持に従事するしかない「電池」扱いの底辺層を多数生むことになるだろう。十氏族が牛耳る現在の劣等似本よりも、さらに酷い社会が出現することは目に見えている。 芝さんは本装置の実用化を前提に完全自給自足の洋上都市 「エスケイプス」 を建設するという無謀な計画を立てている。エスケイプスはその名の通り、当初はwwさんがキモウトと駆け落ちした時の食い扶持を得る手段として考案されたというヘタレな代物だが、彼が四葉の本家に迎えられ不要になったハズの今となっても「魔法師の公益のために」研究を続行する構え。実現すれば、おそらく芝さんによる独裁国家の最初の領土となるだろう。 なお、芝さんは魔法技術には精通してるが、工業知識はただの高校生並みらしい。でも、トーラスシルバーとして活動したり、ムーバルスーツを設計したりしている。   原文引用編2   【トーラス様の知識は高校生レベル?

P64より】  最後のQ&A ・ 【電撃オンライン

CAD CAD. ww …. ry…! Wikipedia     3 vol!

発行者による作品情報

左遷が「ご都合主義」と解しているのは「なぜか敗れた時に敵に見逃してもらえる」「都合良く援軍が現れる」「潜在能力が覚醒する」(いわゆるイヤボーン)といった展開のことを表し、wwさんは そのような展開を必要としないくらいの強大な力を初めから与えられている という設定である。その上で、 「ずる賢く立ち回る敵を圧倒的な力の差で押し切る」 主人公を、 最初に決めた設定から逸脱しないように 描いていくのが劣等生という作品のモットーであると語っている。   一見すると筋の通ったことを言っているように聞こえなくもないが、「最初からラスボスを倒せる力を持っている上に、最初に決めた設定から逸脱しない」ということはwwさんは物語の終わりまで成長や変化をする必要がなく、むしろ成長するという要素も「ご都合主義」と名付けて切り捨ててしまっている。これはwwさん以外にも及んでおり、家柄や才能などの生まれ持った差を修行や工夫で埋めるというよくある展開も、この作品では「ご都合主義」に該当する。.

二年生編(スティープルチェース編)でのメインイベント。 これをやる時間を確保するためにわざわざ競技の半分を刷新しなければならなかったといういわくつきの競技で、これに限り無条件でだれでも参加可能。 数々のデストラップが仕掛けられたコースを踏破するマラソン競技。要するにくにおくんのクロスカントリーである。.

劣等星において評価されない項目の一つ。 我らが主人公wwさんは、人造魔法領域を植え付けるための脳改造(実際には幼少期に強いられた訓練と殺人行為)によって、キモウトに関連するもの以外の「強い感情を持たない」とされている。 これによって強い怒り、強い悲しみ、強い嫉妬、怨恨、憎悪、過剰な食欲、過剰な性欲、過剰な睡眠欲、恋愛感情を表すことはないという。 信者曰く 「感情のブレーカー」 らしく、この機構のせいで芝さんは. 師族会議編において唐突にぶっこまれた劣等魔法の応用法。 「魔法の助け」を借りることで美味しいコーヒーを入れるという、魔法を日常的に使った珍しいシーンなのだが、 何故かこのシーンに関してはいつもの長い説明やウンチクが入っておらず 、この葉山忠教氏が具体的に何をどうやったのかは一切謎に包まれている。. 書き下ろし第1弾である「スティープルチェース編」は信者の間でも「話が横道にそれた」「露骨な引き延ばし」と評判が悪く、 迷 路コースを 走 破する競技であることから略して 「迷走編」 と呼ばれている。.

  • を作り出した」「魔法の力で大亜の輸送船から高級コーヒー豆を強奪」といった様々な推測でそれなりに盛り上がったが、これまで劣等魔法がしてきたアプローチから言うと、 「泥水を飲んでも旨く感じるよう芝兄妹の味覚神経を破壊した」 というのが一番しっくりくるかもしれない。.
  • P64より】  最後のQ&A ・ 【電撃オンライン 

ww     .

来週はもう12月!?

なお似本ではなく日本で要人警護をするSP セキュリティポリス は厳しすぎる条件をクリアしたトップエリートが就く仕事であり、逮捕術、格闘術、射撃技能、体力・精神力、運転技能といった肉体的なスキルのみならず、同僚との協調性、自制心、自己管理能力、法令遵守の精神、VIPを接遇する礼儀作法、極限状態に文字通りの「肉の盾」となり殉職する覚悟まで含めた自己犠牲心といった 高度な人間性を問われる職業 である。 芝を含む魔法師連中にはまさに 「なかなかできない」 仕事といえるだろう。.

無論そんな奴が地球にいたら称賛されるどころか誰にも相手にされずに終わるし、仮に成功したとしても周囲からは疎まれ腫物扱いで、いざという時誰も助けてくれなくなるのが常であり、むしろリスクは非常に大きい行動と言える。 そんなのが上司だったらそいつの為に働けるのかと思わざるをえないが、あくまでも舞台は劣等星なのである。 前述のとおりこれらは正しい事であり、この「賢さ」に対する敵意や嫌悪といったものは、劣等星では 「嫉妬」 という事にされてしまうのだ。   またこの賢さを正当化するため、『正論』『 現実的 』であるといった理屈付けが、作中・信者を問わずよくなされる。 しかし、この賢さで主張される理屈は利益があるから正しいに違いないといったものなので、その論を採択することによって起こる相手方の感情悪化や、敵対に伴うリスクなどが含まれない片手落ちの合理性だったりする。当然、その行動の結果による大局的な影響など1ミリも考えていない。 こういった「その場面では」「他との関連を考えなければ」「そういった考えもできる」「一つの意見」を唯一の正論とし、他を徹底的に認めない姿勢は作中の至る所で見られる。特に意見の違う相手には、「やれやれこれだから理屈の通らないアホは困る」といった態度を取って突き放すため、話し合いが発生せず全て自己完結に終始してしまうのだ。 要は何かしらの利己的な目的に対して、それに都合のいい理由を持ち出してくっつけているにすぎない。   深く考えるまでもなく、現実には意地や信義を通すことで多大なリターンを得られるなどの「小利を捨て大義を得る」「二手三手先を読んでの行動」といった『現実的判断』という事態がままあるが、視野が狭く物事を関連づけて考えられない彼らにそれは見えないし気付かない。 ゾンビテロ 時の十師族などがその例で、あの場で「多少の危険を取ってでも、一般市民を助けることで批判回避を狙う」などといった計算はできない。誰の目から見ても 目先の利益やリスクに惑わされて右往左往している のだが、そんな程度の見通しすらできない無能が権力を持ち、まして 主人公がこれに同調する など誰が予想できただろうか。   この「賢さ」が蔓延っていることが、劣等星がディストピア、文明が存続しているのが不思議なほどの社会性のなさに見える一因となっていることは間違いない。.

原文参照   【冷凍にされても死なない劣等星人。水分膨張による細胞破壊なんて起きませんよってマジですか?】.

ww. P64    .

SR水着カード第二弾が追加!

全国たった九校の選抜で行われる。競技は各校の部活で行われている種目もあるが、選手は部活無関係で選ばれる。 競技内容は『ルールの隙を突く芝さんSugeee!! 言ってしまえば創作などというものは全て作者がブックを書いてるプロレスに過ぎず、多かれ少なかれ「ご都合主義」が無ければ創作なんて初めから成り立たない。むしろご都合主義にどう説得力を持たせるかが作家の腕であり、それを放棄した左遷の態度はアンチテーゼでもなんでもなく、整合性をとる作業を放棄したただの怠慢である。 左遷自身もご都合主義が云々という自論が崩壊しているのをある程度把握しているらしく、その後のインタビューでは「ご都合主義の分量を抑えている」と若干逃げの姿勢に入っている。. 達也が陰謀を粉砕した『表』で描かれる、次代の魔法師たちによる華やかな競演! 二〇九六年度『全国魔法科高校親善魔法競技大会』。 司波達也が、第一高校の技術スタッフとして九校戦に参加する傍らで、魔法兵器『パラサイドール』運用試験計画を阻止すべく『裏』で行動を起こしていた頃。『表』側では、今年も九校戦優勝の栄冠を目指す魔法科高校生たちの、魔法を駆使した熱戦が繰り広げられていた。 モノリス・コードの選手・吉田幹比古が、名家に生まれたプレッシャーとトラウマを撥ねのけるエピソード『竜神の虜(とりこ)』。新競技ロアー・アンド・ガンナーの選手・エイミィが、不慣れなコンビプレイに挑むエピソード『ショットガン!』。女子生徒の大一番、アイス・ピラーズ・ブレイクの選手・雫と花音による、美しくも超攻撃的なエピソード『一人でできるのに』。達也との関係を悟られないよう、九校戦を『無難』にクリアせよ。黒羽姉弟に与えられた課題を描くエピソード『目立とうミッション』。そして、選手では無いレオとエリカ、二人の隠された過去が解き明かされるエピソード『薔薇の誘惑』。 書き下ろしを含む連作短編集、登場!.

  • P64より】  最後のQ&A ・ 【電撃オンライン 
  • みんなのデータ
  • 無論そんな奴が地球にいたら称賛されるどころか誰にも相手にされずに終わるし、仮に成功したとしても周囲からは疎まれ腫物扱いで、いざという時誰も助けてくれなくなるのが常であり、むしろリスクは非常に大きい行動と言える。 そんなのが上司だったらそいつの為に働けるのかと思わざるをえないが、あくまでも舞台は劣等星なのである。 前述のとおりこれらは正しい事であり、この「賢さ」に対する敵意や嫌悪といったものは、劣等星では 「嫉妬」 という事にされてしまうのだ。   またこの賢さを正当化するため、『正論』『 現実的 』であるといった理屈付けが、作中・信者を問わずよくなされる。 しかし、この賢さで主張される理屈は利益があるから正しいに違いないといったものなので、その論を採択することによって起こる相手方の感情悪化や、敵対に伴うリスクなどが含まれない片手落ちの合理性だったりする。当然、その行動の結果による大局的な影響など1ミリも考えていない。 こういった「その場面では」「他との関連を考えなければ」「そういった考えもできる」「一つの意見」を唯一の正論とし、他を徹底的に認めない姿勢は作中の至る所で見られる。特に意見の違う相手には、「やれやれこれだから理屈の通らないアホは困る」といった態度を取って突き放すため、話し合いが発生せず全て自己完結に終始してしまうのだ。 要は何かしらの利己的な目的に対して、それに都合のいい理由を持ち出してくっつけているにすぎない。   深く考えるまでもなく、現実には意地や信義を通すことで多大なリターンを得られるなどの「小利を捨て大義を得る」「二手三手先を読んでの行動」といった『現実的判断』という事態がままあるが、視野が狭く物事を関連づけて考えられない彼らにそれは見えないし気付かない。 ゾンビテロ 時の十師族などがその例で、あの場で「多少の危険を取ってでも、一般市民を助けることで批判回避を狙う」などといった計算はできない。誰の目から見ても 目先の利益やリスクに惑わされて右往左往している のだが、そんな程度の見通しすらできない無能が権力を持ち、まして 主人公がこれに同調する など誰が予想できただろうか。   この「賢さ」が蔓延っていることが、劣等星がディストピア、文明が存続しているのが不思議なほどの社会性のなさに見える一因となっていることは間違いない。.
  • 実態をありていに言えば似本がバックについた 公式のテロ組織 と言っても決して過言でない。 芝さん抜きで戦えるか怪しい「独立魔装大隊」や刀型のCADを振り回して戦う遊撃歩兵小隊こと「抜刀隊」などさほど役に立たない魔法師からなる部隊があるが、それしか活躍していないように見えるので全体的にも相当お粗末な軍隊なのであろう。.

80 ! wiki. DVDBD. WIKI by WIKIWIKI. dat ? 2 …. …      20kHz4     .

企業情報(株式会社KADOKAWA)

読みたい 読んだ 読みたい. SandBox Help サンプルサイト メニューの編集. 盾を装備した選手が 土俵 (!? この干渉力は物体のエイドスだけでなく誰がが構築した魔法にまで働き、近い距離で同時に複数人が魔法を発動すると魔法同士が打ち消しあってしまう。似たような設定は他作品にもあるが劣等生ではその判定がやたらシビアで、よほど上手くタイミングが合わない限り相克が起こる。 CADの照準補助システムを使おうが干渉は防げないので、劣等星では複数人で力を合わせて魔法をぶっ放すことや、ひたすら撃ちまくって魔法で弾幕を張ることすら高等技術扱い。 しかし話が進むごとにその場その場で後付けがされ、干渉を防ぐには系統を揃えればいいのか揃えなければいいのか、個人が連続して魔法を使う場合は干渉するのかしないのか、それは多工程魔法やCAD両手装備同時撃ちの場合とどう違うのか、複数目標へ一つの魔法を撃つならそれ同士は干渉しないのか、相互干渉する帯域の魔法出力とやらは偶然で頻繁に一致するのか意図しないと合わせられないのか、結局どれなら可能でどれが不可能なのか規則性が読み取れない。.


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 blocksplit.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.