うち は 家紋

発行者: 25.03.2020

土井 利与( 古河藩 藩主) 土井 利教( 刈谷藩 藩主). 以下は、一部の家紋について述べるが、様々な図案については 家紋の一覧 にある。. また、 幕末 頃 ヨーロッパ では ジャポニスム として家紋の デザイン 性が評価され、 アール・ヌーヴォー の絵画などに使用された。.

まるにみつかしわ 丸に三つ柏 (神紋). 浅野 長勲( 広島藩 藩主). ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 久松 定法( 今治藩 藩主) 戸田 忠友( 宇都宮藩 藩主) 松平 定教( 桑名藩 藩主) 松平 光則( 松本藩 藩主). 山内 豊明( 土佐藩 藩主). この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年12月 ). 加藤 清正 加藤 泰秋( 大洲藩 藩主).

4 AR .

桐紋が皇室御用達の紋になったのは 元寇襲来 の少し前の鎌倉時代中期と言われる。家紋としてよく見られる 五三桐 やそれに丸で囲ったものは、『 太閤記 』や伝承などで農民出身とされている豊臣秀吉が用いたことから「 家紋のないほどの一般庶民がなんらかの事情で家紋を必要とする場合(紋付袴の着用等)に用いる家紋 」としても使用され、上流階級とは逆の理由で庶民の間で一般的に流布した。また、年現在では 貸衣装 の紋としてよく使われる [注 2] 。.

例えば、 皇室 の家紋である 菊花紋章 (菊紋)が挙げられる。 天皇 は功績のある者へ、例えば 豊臣秀吉 などに授けている。またさらに、天皇から授かった 桐紋 などを将軍等の有力者が、功績のあった優秀な家臣や家来に授けることがあった。その習慣は 室町時代 まで遡り、 足利義満 が 細川頼之 に自身の家紋を贈紋したことから始まったといわれる。こうした上位の者が下位の者へ家紋を下賜することを 賜与 (しよ)といい、授かった家は一家の大名誉として喜んだといわれ、与えられた紋を拝領紋という。 室町幕府 13代将軍 足利義輝 が 織田信長 の父 織田信秀 に桐紋を授け、その後、信長にその桐紋が父から引き継がれた。その桐紋を肩衣につけた信長の肖像画が 長興寺 に保存されている。同様の例として 豊後 大友氏 の「抱き杏葉」があり、その紋を授かった者を「 御同紋衆 」と呼び、重用したという。その逆で、家臣の家紋を主君が用いることを「 召し上げ 」といい、家臣である 本多家 または 酒井家 の家紋を主君である 松平家 が譲り受けたといわれる「 三つ葉葵 」の例がある。ほかに、戦勝者が戦敗者の家紋を奪う「 奪取 」の例には、 龍造寺氏 が豊後大友氏からの大勝を得た戦勝記念として用いた「抱き杏葉」がある。使用者に無断で使用者の関係者を偽ってその家紋を潜用(僭用)することによって移動することもある。.

主に 畿内 ( 近畿地方 )を中心とした 西国 において普及している風習の 1つである。女紋とは実家の家紋とは異なり女系から女系へと伝える紋章のことであり、実家の家紋とは意匠も由緒も異なる。近畿の商家では外部から頻繁に有能な 入婿 を迎えて家を継がせる女系相続が行われたため、自然発生的に女系に伝わる紋が生まれたといわれる。特に近畿地方の商家においては「 家紋が一つしかない家は、 旧家 とは言わない 」ともいい、代々の女紋を持つ家は相当な旧家として敬意を持って遇されることが多い。関東をはじめ近畿以外ではこの風習は希であり、女紋という文化のないところでは婚姻に際し、習慣の違いからしばしば難色を示される場合もあるという( 嫁いだのであるから当家の家紋を用いるべきという理由 )。年現在でもこの風習は根強く残っている。.

佐々 成政 佐々木 小次郎 朽木 為綱( 福知山藩 藩主). 土井 利与( 古河藩 藩主) 土井 利教( 刈谷藩 藩主). 前田 利家 前田 慶次 前田 慶寧( 加賀藩 藩主) 前田 利同( 富山藩 藩主) 松平 利鬯( 大聖寺藩 藩主). 柳沢 保申( 大和郡山藩 藩主). 豊臣政権 から 徳川氏 の政権である 江戸幕府 に交代してからは次第に禁止令は緩まり、また江戸幕府は自己の権威を京の 朝廷 の上に置こうとしていた傾向から、同様の菊紋は 仏具 の金具・ 彫刻 や 和菓子 の造形、または 暖簾 の図柄に用いられるなど、一般人への使用・普及に拍車を掛けた。比較的家紋の使用には寛容な 江戸幕府 であったということも影響しているが、徳川氏の家紋である 葵紋 の使用は厳格に禁止している。.

浅野氏 が用いた 「まるにちがいたかのは・あさのたかのは」 「丸に違い鷹の羽・浅野鷹の羽」. この節には 参考文献 や 外部リンク の一覧が含まれていますが、 脚注 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です 。適切な位置に脚注を追加して、記事の 信頼性向上 にご協力ください。 ( 年12月 ). 前田 利家 前田 慶次 前田 慶寧( 加賀藩 藩主) 前田 利同( 富山藩 藩主) 松平 利鬯( 大聖寺藩 藩主).

源平藤橘や 物部 、 大伴 と呼ばれる 氏族 の権力が全盛期であった頃、何千という名字が生まれ、その後次第に家紋が用いられ始める。家紋が生まれて間もない鎌倉時代や平安時代は江戸時代の元禄頃とは違い、家紋の種類や形は多くはなかった。そのため、美しく人気のある家紋や描きやすい単純な図案の家紋ほど好まれる傾向にあり、同名字であっても異なる家紋を利用しているケースもあれば、異名字であっても同じ家紋を利用していることがあった。.

' 7.

カテゴリで記事を探す

以下は、一部の家紋について述べるが、様々な図案については 家紋の一覧 にある。. 相思相愛の男女が互いの家紋を二つ並べたものを 比翼紋 という [1] 。. 島 左近 牧野 忠毅( 長岡藩 藩主) 牧野 忠泰( 三根山藩 藩主).

  • 伊達家に贈られた上杉笹を変化させた せんだいささ 「仙台笹」.
  • 葵紋の召し上げによって代替に下賜された かたばみ 「片喰」.
  • また日本では、一般庶民も広く家紋を所有し使用した。 百姓 、 町人 、そして 役者 ・ 芸人 ・ 遊女 などといった社会的には低い階級に位置づけられた者までが、自由に家紋を用いたのである。これは 貴族 などごく限られた者しか家の 紋章 が許されない ヨーロッパ 各国とは対照的である。.
  • その後、公家の間で流行し、様々な家紋が生み出されていく。例えば上記の 西園寺実季 は「鞘絵」を、 徳大寺実能 は「 木瓜 」を、 菅原一族 などは梅紋をといった華美な紋を家紋にしている。しかしながら文様の延長線上としての色彩的な意味合いが強く、 鎌倉時代 にかけて徐々に、その後の帰属の証明や家紋の意味合いや役割に、発展・変化していった。.

[2] [3] .

NARUTO-ナルト-の考察(伏線、言葉、人物考察などなど!)続行中!

家 紋 家紋名 家紋を使用していた 主な家 主な武将・偉人. 南北朝時代 に入る頃には、「大紋」といった 直垂 に家紋が縫いつけられた衣服が武士の間で普及する。 室町時代 頃から、紋章を付けた衣服のことを 礼服 と呼ぶようになるが、礼服に必ず家紋をつけるという発想や考えはまだ一般化してなかった。その考えが定着し始めたのは、大紋から発展した「 素襖 」や「 肩衣 」といった衣服が出始めた室町時代中期の 東山文化 が栄えた頃だと言われる。同じ頃、 羽織 が生まれた。. 太田 資美( 掛川藩 藩主). 江戸時代に入ると、華美で装飾的な家紋は武士に限らず、庶民にも利用された。そういった少数の家や個人が独占できなくなった家紋のことを「 通紋 (つうもん・とおりもん)」という。通紋は、例えば「 花菱紋 」といった一般的に優美な家紋に多い。「五三の桐」や「蔦」などはその一般性から、貸衣装の紋としてよく使われている。.


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2020 blocksplit.org 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.